ネイリストの仕事はどんなもの

仕事内容

ネイリストが主に仕事として施術を行うのは、
ネイルケアという爪のお手入れを行うもの、
リペアーという爪の補修や修復をするもの、
ネイルアートのように爪の色付けや美しくデザインして飾る作業があります。

ネイルケアには、爪の形を整えたり爪を磨いたりする作業の他、
甘皮の処理をするキューティクルケアなどいろいろあります。

ネイルアートを長持ちさせ、
綺麗に仕上げるためにもネイルケアは重要な役割を担っていると言えます。

独自の技術ではなく、
資格を持っているネイリストは爪の構造についてもきちんと学んでいるため、
爪の健康状態からアドバイスすることもあります。

爪が割れてしまった場合に形を整えたり、
人工爪の補修作業を行うこともリペアーです。
人工爪を作る技術もあり、これをエクステンションといいます。

スカルプチュアの他にも、ゲル状の樹脂を紫外線ライトで硬化させるジェルネイルは、
マニキュアよりも長持ちで装着感も軽く見た目の自然なので最近人気のネイルです。

このように土台の部分にも様々ある他、
カラーストーンやアクリル樹脂を使用して3Dアートなどで、
土台の上にデザインを施すこともネイリストの重要な仕事です。

ネイルアートの技術は進化し続ける

ネイルアートの技術はまだまだ発展を続けていますので、
新しい技術はどんどん増えていきます。

ネイリストには、
そんな新しい技術やデザインの流行など学ぶべきことが多いので、
資格を取得したりネイリストという職業に就いた後でも
向上心を持って技術や情報を取り入れていくことが大切です。

そして、ネイリストの醍醐味と言えばやはり人に感動を与えられる、
美しくなるためのお手伝いが出来るということです。

ネイルアートが一般的になって自宅で楽しむ人も増えたとはいえ、
まだまだセルフネイルを出来る人は限られています。

ですから、ネイルサロンなどに訪れおしゃれのためにネイルアートをする女性が多いんですね。

参考:趣味からプロへネイリストへの道

ネイリストの醍醐味

最新のデザインや技術を駆使して仕上げたネイルアートに、
おしゃれや美しくありたいと考える女性は感動します。

そんな女性たちの感動に自分が関わっていることへの充実感は、
まさにネイリストとしての醍醐味ではないでしょうか。

また、ネイルアートは何もおしゃれのためだけのものではありません。

近年ではセラピーに用いられることもあり、
心身ともに施術を受ける側の助けとなることもあります。
参考:綺麗だけじゃない 人を癒す仕事 ネイリスト

ネイリストは向上心も持った人なら年齢は関係なく続けられることも魅力の一つです。
実力と感性をネイリストとして培っていけば、とても長く活躍し続けることも可能です。

ネイリストは時代の変化と共に現れた職業ですが、それ故に将来的な活躍の場も多いとされています。

【ネイリストの仕事はどんなもの】メニュー

ネイリストとして独立しホームサロンで働く魅力
ネイリストになったら持っておきたい小物類
ネイリストは必見!ネイルツールやネイル雑貨の専門店
ネイルサロンを開業するなら
働く上でのメリットは?
可愛いネイルアートを見る事で勉強にもなる
専属ネイリストになりたい
就職と開業、ネイリストはどちらを行うべきか
憧れのネイリストになったのだから可愛い雑貨が欲しい
独立してホームサロンで働く!
独立してホームサロンで働く事のメリットやデメリット