職場による収入の違い

雇用形態による違い

ネイリストといっても、雇用形態が異なり選択肢の幅があります。
同じネイルサロンでも、正社員・契約社員・アルバイトなど。

いわゆる会社と同じ雇用形態の選択肢が用意されています(サロンによります)。
またこれらの雇用形態によって責任範囲が異なります。

正社員の場合、店長やリーダーなどのその店舗内の管理や、
同僚の管理をする必要がありますので、ネイルだけの仕事ではありません。

その分お給料は他の雇用形態に比べるとよいです。
契約社員の場合、契約の期間が決められていますが、
その期間内において責任は社員同様となります。

アルバイトは一定の時間で働くことになります。
各サロンにより、人数が異なりますし、
アルバイトを雇用していないサロンも多くあります。

職種による違い

ネイリストは、実際の実務(お客さんにネイルを施す)仕事の他に、
サロンの管理などのディレクター業務や季節のデザインを取り入れたり、
情報を発信する企画業務、そしてネイリストを育てる講師業務などがあります。

これらの職種によってもお給料が異なります。

管理業務などは、サロンの店長や経営者でないとできませんので、
必然的にお給料は一般のネイリストに比べると高くなります。

また企画業務は、アルバイトではなかなかできず社員が行うところが多いですね。

また講師業務は、サロン内での仕事ではなく、
スクールや教材を作る部門で働くことになり、
知識を問われるので、一般のネイリストより高お給料設定になっています。

開業という選択肢もありますね。
この場合は、経営者も兼ねるわけなので、
経営や管理の知識も少なからず必要です。

選択肢はたくさん

ネイルに興味はあるけれど、コミュニケーションが苦手という人は、
企画業務ができますし、人に教えることが得意な人はスクールの講師、
やっぱり現場主義という人は、ネイリストに集中するなどと、
自分の性格や、信念に従って選ぶことができます。

また、独立してマイサロンをつくりたいという人は開業もできますし、
腕1つでなんとでもなります。

サロンも多種多様

巷にはネイルサロンがたくさん。選ぶ方も困るほどです。
サロンがある場所の地域や雰囲気によても、
学生さんが多いところや、
仕事と帰りのOLや会社員が多いところ、年齢層まちまちです。

そのサロンのオーナーのコンセプトによっても、
営業時間や目的が異なりますので、
あなた自身はどんな働き方をしたいのかも大事ですよ。

ただネイリストになりたいだけでなく、
どんな価値を提供したいのか、
どうやってお客さんと関わっていきたいのかと自問自答して、
その答えに合った雇用形態や職種を探してくださいね。

ネイリストは飽和状態にあるので、
腕プラスアルファの部分が求められる時代でもあります。