資格取得にかかる費用

ネイリストの資格

ネイリストの資格には、
大きくわけるとネイリスト検定やJNAネイル技能検定試験の2種類があります。

必ずこの資格を取得しないといけないということではありませんが、
サロンの多くは、どれかの資格の保有を前提としています。
これらの資格もさらに等級わけがあり、レベルによって難易度が異なります。

最初のステップであれば、独学でも取得は可能ですがそれだけでは、
趣味の範囲内に過ぎずプロとしてはやっていけませんので上位の資格を狙う人が多いのです。

勉強方法

さて、それら上位の資格を取得するための勉強方法ですが、
独学、通信講座、スクールに通うこれら3つの方法があります。

もちろんそれぞれに一長一短がありますのでみてみましょう。
まず独学ですが、一番安くすませられる方法ですね。

すでに知識がある方や再チャレンジなどであれば独学でも良いです。
教材の費用と受験料ですみます。

次に通信講座。
自分の空いた時間にできます。
すでに仕事がある方や主婦など限られた時間でやりくりする方は通信講座がいいですね。
費用は10万円前後です。

資格試験には実技があるのですが、
独学や通信講座の場合、実技の勉強が弱くなってしまいます。

そして、スクール。
初心者はスクールが良いですね。

他の方法に比べると、費用が30万円前後と少々高くなりますが、
学ばなければいけないことは全て網羅できるので、
安心できますし、実技対策でもフィードバックをもらえるのでおすすめです。

資格には費用がつきもの

資格を取得する、そのために勉強するにはなんらかの費用は必要不可欠です。

道具を揃えたり、教材を購入したりるすのはネイルの世界だけではありません。
例えばスクールですが、他の資格取得対策に比べるとまだ安い方です。

プロのネイリストになってからでも十分に返済できるぐらいの費用です。

そこでケチって独学でなんとかと考えてしまいたくなる気持ちも分かりますが、
独学の場合、知識の習得範囲が限られてしまいます。

スクールに通うことで、同じ目標の人とで出会い切磋琢磨することもできますし、
トレンド情報などを講師から聞くとだってできます。

それを考えると、決して高い費用とは言い切れないです。

ネイリストになる人

費用を考えて、ある程度貯めてから一念発起する人も多いようで、
仕事をして費用を貯めて会社を辞めて、
スクールに通って資格を取得する人もわりといます。

ネイルの世界は、年齢制限がないので、
転職でネイリストを目指すことだって十分に可能な世界です。

確かにその方が、スクールの費用などを貯めることができますし、
気合の入り方も変わってきますよね。

スクールで得られた経験は決して無駄になりませんし、
それにかけた費用以上のものが得られます。