ネイリストの給料、年収

ネイリストの仕事

女性が1度ははまるといってもいいネイル。
お洒落は指先からということで、手の指や足の指にネイルをします。

職場で派手なネイルがダメな人も指先を綺麗にるだけでも対応。
甘皮の処理や、トップコートを塗るだけでもお手入れ感は十分でます。

ネイリストの勤務形態

ネイリストの多くは、ネイルサロンの勤務になります。
そこではアルバイトや派遣などの時給制、
契約社員や社員の固定給など、
そのオーナーやサロンの規模によっても異なります。

時給制の場合は、時給1000円前後。

場所や地域により差が出ます。
固定給になると月20万円前後です。

中には資格手当などもあり、
ネイルに関わる上級の資格を持つことで給料にプラスするサロンもあります。

独立もできる

ネイリストは資格や人脈などがあると、
開業でき独立ができます。

最初から独立したくてネイリストになる人もいますし、
働くうちに自分のお店を持ちたい願望が出てくる人もいます。

結婚・出産など様々ライフステージによっても女性は独立しやすい職種ではあります。

独立した場合、顧客の確保、
収入計算のなど自分で行うことになります、
もちろお客さんが付けばつくほど、収入はあがります。

ネイリストになる魅力

お洒落に敏感な女性はとっても素敵。

例えば洋服がシンプルでも指先を華やにするだけでアクセントになります。
また、指先のお洒落って、精神的にもグッド。

どんより気分の時こそ、
ネイルを施すとたちまちやる気がみなぎってきたりと不思議なパワーだってあるのです。
そんな、女性を応援できる仕事、ネイリスト。

また、細かいことに熱中できる器用な人にはもってこい。
小さい爪をキャンバスにしてあなたのイメージ通りのデザインにアレンジできます。

仕上がりを見て、笑顔になったお客さまを見るとこっちまで嬉しい気分になりますね。
季節や旬のデザインを敏感仕入れて、
提供できるのでトレンドにも敏感になり、情報のキャッチアップもできます。

マストアイテム

今やネイルはお洒落にとってマストアイテムとなりました。

生活環境上、仕事の都合上ネイルができないあなたでも、
休みの期間にネイルしてみたり、見えない足の指にネイルしてみたり。

1度はネイルをした経験がある人も多いことでしょう。
それほどまでに、必要なアイテムなのです。

ネイルはお洒落アイテムだけではなく、
イベントの盛り上げや、気分の盛り上げにも一躍を担うほど、
雰囲気作りにはもってこいです。

女性に限らず、
男性もネイルをする時代?爪のお手入れをしてトップコートを塗って綺麗にする、
男性もいるほど必需品と化しています。

綺麗は足元や手先から。
美意識は性別や年齢限らず誰でもいつでも持っていたいものですね。