男性ネイリストもいるの?

美容やアパレルの世界

日本では、職業によって性別の偏りがあります。
むしろありすぎて自由度が低いように感じます。
特に美容やアパレル関連の仕事って女性の仕事と思っている方が多いのでは。
ところが、よく見てみると、例えば美容師さん。

カリスマ美容師やトップスタイリストって男性が多いのです。
アパレルショップの店員さんにも男性をよく見かけますし、
男性店員さんは、婦人用の洋服を売っている姿を見ても違和感がそんなにないですよね。

洋服のコーディネーターもメイクさんも、男性は多いものです。
しかし、ネイルサロンの店内を見渡すと……男性の姿を見かけません。

男性ネイリストの存在

ネイルはアートに近いものがあります。
建築やアートとなると男性が大半を占めるのですが……あまり変わらないと思いませんか。

実際に、ネイルに興味のある男性もいるわけです。
電車や野球が好きなのと同じように、ネイルが好きという人も。

実際にいるの?

まだまだ限られた人数ですが、男性のこネイリストはいます!
ネイリストもそうですが、施術を受けるの男性も増えているって知ってましたか?
別に女の子に憧れて、というわけではなく身だしなみの一貫として指先を綺麗にしたい男性もいるのです。

美を意識している男性がいるので、ネイルをしても別のおかいわけでもなんでもありませんね。
なぜ違和感を感じるのか?
それは、周囲に女性が多すぎるということ、ただそれだけでのことです。

男性目線

あらゆる職種は男性多いです。
男性の方が、これと言ったらやり通す信念みたいなのがありますし、
出産などがないのでライフスタイルが変わりにくく途中ブランクが少ないので、
トップや職人など適しているともいえます。

ネイリストも職人のようなものです。

細かい作業で、爪にアート作品を残すわけですから。
そう考えると、性別って全然関係ないんですよね。
腕さえよければってなりませんか?

例えば、男性の美容師さんは重宝されます。違和感もありません、なぜでしょう。
中には男性の美容師を指名する人もいるぐらいです。

男性美容師の場合は、男性目線で好きな髪型をスタイリングできます。
それはかなりのメリットです。
とすると、ネイリストが男性だと同じことが言えます。
男性好みのネイルができるのです。

指先のお洒落は万人に

指先のお洒落、体全体の割合からすると、洋服や髪型に比べると小さな範囲で、お洒落感が分かりにくいです。
しかし、そんな場所だからこそ、お洒落にすると、ワンランクアップした気持ちになりませんか?

そして、そんなお洒落は、女性だけのものではありませんし、年齢だって関係ありません。
老若男女、楽しんでいいんです。
お洒落や身だしなみは指先から!