ネイルの種類

ネイルの種類

ネイルにはさまざまな種類があります。
日常生活では、なかなか知る機会もないでしょう。

どういったタイプを選べばいいかとお悩みの方も多いと思いますが、
それぞれのネイルについて紹介したいと思います。

まずは定番のカラーリング。
自分の爪を塗るというものであり、一番シンプルな方法だと言えます。

お洒落を楽しむという目的だけでなく、
二枚爪になってしまうのを保護するためにも活躍します。

カラーリングの時、合わせてトップコートをすると、より爪の保護に役立ちます。

ジェルネイルはゼリーのような液体を塗布し、UVライトで固めるという方法です。
密着性が高いことから長持ちしやすいことが特徴。
はがれにくい性質を持っています。

人工爪を付けるスカルプチュア。
爪の厚みや長さを加えることで、
よりお洒落をしやすくできるという方法です。

スカルプチュアにはアートを施すというケースもあり、
より豪華に見せたいという方にも適していると思います。

付け爪を装着するとき、削る作業を最小限に抑えたのがカルジェルです。

継続的に使用する場合、
だいたい1か月おきにメンテナンスをすれば、長期間使用できます。

また、薄いジェルになっているため柔軟性も高く、
ダメージを受けても折れにくいという性質があります。

個人の爪のサイズに合わせてネイルチップを作るものをオーダーチップと言います。
両面テープを使用するため、必要に応じて手軽に使用できます。

休日だけ付けるということもできるので、
平日にネイルを付けられないという方にもオススメです。

複雑なデザインをしたり、3Dアートを施したりというデザインにも適しています。
手軽に付け爪ができることから、サロンでの待ち時間短縮にもつながります。

ネイルのデザインの種類

ネイルにはさまざまなデザインがあります。
ネイルカラーひとつとっても多数の種類があります。

もっとも定番とされるフレンチネイルはつま先をベースカラーで塗るというもの。
一般的には白が多いですが、その他のカラーでも構いません。

職場によっては、この程度のネイルアートであれば問題ないという方もいます。
手軽さが自慢のネイルです。

水玉模様のドットネイルもあります。
少し派手な印象を与えることから、
ワンポイントのアクセントでお洒落に見せる効果もあるでしょう。

一つの爪の間で同じ色の濃度を変えるグラデーションネイルもあります。

こちらはフレンチネイルと近いものがありますが、よりデザイン性が高いことが特徴。
単純な中にも、ちょっと違う雰囲気を演出できます。

また、ピーコックネイルという種類もあります。
こちらは、孔雀の羽根のようにゴージャスな模様を塗るという方法です。
かなり華美に見せることができるため、特別な日に合わせて使うと良いかもしれません。

最近ではアニメキャラのイラストを描くデザインも登場しているようです。
特殊ではありますが、サロンを検索してみると良いかもしれません。

このように、ネイルデザインで個性化を図ることができます。
ぜひとも自分に合ったデザインをしてみると良いでしょう。