ジェルネイルの種類

ジェルネイルとは

ジェルネイルは最近のトレンドとも言えるネイルアートです。
まだ、普及し始めたばかりの方法ですから、
詳しく知らないという方も多いでしょう。

ジェルネイルは、水あめ程度の液体を爪に乗せ、
紫外線を照射することで固めるという方法で付け爪を作るというものです。

作り方から自分の爪と密着しやすいのが特徴。
透明感がある上に美しいツヤもあることから、
マニキュアと比べてネイルアートが長持ちしやすいのです。

持ちが良いことからジェルネイルの人気は爆発的に上昇中。
昨今、ネイルサロンでは多くの人がオーダーしているようです。

年齢層も幅広く10代から大人の女性まで、多くの人の中で注目を集めています。
ここでは詳しくご紹介したいと思います。

さらに、ジェルネイルは自由なデザインができます。
付け爪を別途作ることもできますし、
ネイルサロンでは人気になっているのです。

ジェルネイルのデメリット

持ちが良くデザインしやすいと、良いことばかりのように見えるジェルネイル。
しかし、デメリットもあります。

ジェルネイルは落とすのに時間がかかります。
さらに自分の爪を削らなければなりません。

また、爪が薄くなってしまうという問題もあります。
これらのことから、自分の爪の強度を下げてしまうというリスクもあるのです。

継続して使用したいと思う場合、
どこかで自爪のケアをしてあげなければなりません。
お手入れをすることはもちろん、
栄養状態や健康にも気を使い、元気な爪を維持することが大切でしょう。

ジェルネイルの付け方

ジェルネイルの付け方は上述した通り、
UVを照射してジェルを硬化させるというものです。

爪の補強や矯正、長さを伸ばすという時などに活用できます。

具体的な手順です。
まずは爪のケアを行い、甘皮を処理。
その後、表面を削ってザラザラにすることで爪との密着度を高めます。

爪の先にフォームを付けて長さを調整します。
この長さに合わせて形を作っていきます。

その後、ジェルを紫外線ライトに当てて固化していきます。
ジェルは固まった時に少しだけ縮むと言う性質を持っています。

この時、爪の先端に変な違和感があるという方もいます。
多少であればランプから手を放しても良いので、ネイリストの方に指示を仰ぐのも良いでしょう。
何度かこの作業を繰り返すことで、よりデザインを凝ったものにすることもできます。

最後にネイルの形を整えたら、もう一度紫外線を照射します。
この手順を踏むことで完成するのです。

専用機器を持っていないとジェルネイルを作ることができません。
自宅でやろうとすると、
少し費用がかかってしまうと思います。

しかし、人気も高いことからネイルサロンであれば多くの場所でオーダーできます。
興味のある方はぜひともチャレンジしてみましょう。