タイダイネイル

難しそうに見えて簡単にできるタイダイネイル

セルフネイルを楽しんでいる方も、いつも同じデザインになってしまう・・・という方が多いです。
そんな方にオススメしたいのがタイダイネイル、簡単にきれいなネイルアートを楽しむことができます。

スポンジを使って作るタイダイネイルは、カラーを塗ってスポンジで上からカラーをぼかすようにたたき、境目をぼかすようにしていくとタイダイネイルが出来ます。
少しの時間でできるのですが、ぱっと見てプロがやったような仕上がりに出来るので不器用さんでも楽にできます。

たった3分、即できるタイダイネイル

どうやって作ったの?と思うタイダイネイルですが、複雑にみえて楽にできるのでセルフでも十分楽しめます。
ベースカラーを塗ってそこにランダムなドットをのせていきます。

ベースの色で同じようにドットをのせてそれから好みの柄になるまでスポンジでたたくように混ぜていくとタイダイネイルの出来上がりです。
ホワイト、イエロー、オレンジやホワイト、ピンク、うすい水色、その他ラメ系の色を利用して作ると大人っぽく個性的なタイダイネイルが出来ます。

色を混ぜるように利用するとマーブルになってしまうという方も居ますが、スポンジでぼかすタイダイネイルは、誰でも簡単に模様を付ける事が出来ます。
利き手以外でも楽にできるデザインなので失敗なくできるという事でもオススメです。

イメージは自由自在、カラーを変えることでクールにも

パステル調のカラーを利用したタイダイネイルなら、春らしい印象にできます。
パステルカラーだけを利用する事で、カラーの混ざりに失敗がないので、タイダイネイルに初挑戦という場合にオススメのカラーです。

このパステルトーンのタイダイネイルに、例えばパールを飾ったりするとさらに女の子らしい印象になるので、ネイルが好きじゃないという男性とのデートでも、OKネイルになると思います。

クールにしたいという事ならベースに白、混ぜる色に薄いブルーなどを利用してタイダイネイルを作り、フレンチにシルバーカラーを利用してみるとかなりクールな印象になります。
夏などにもこのクールな印象のタイダイネイルは涼しげでよく似あいます。

タイダイネイルに、爪の周囲を囲むようにカラーを利用するとポップで楽しいタイダイネイルになります。
指全部に同じデザインを利用するのではなく、1本はホワイトベース、1本はオレンジベースなど変化させるとまた楽しい印象になります。

カラーをどう使うかという事によっても印象が変わりますし、これにワイヤーやパール、ラメなどを使ってみると、また違う印象のネイルになります。
スポンジがあればだれにでも簡単に作る事が出来るので、セルフネイルを楽しんでいる方は、チャレンジしてみるとアレンジが広がります。

続きを読む

スカルプチュア

ネイルを楽しまれている方が多い現代知っておきたいスカルプチュアのこと

ネイルを楽しまれている方が本当に多くなっています。
自爪へのネイルを楽しまれている方も多いのですが、人工爪でネイルを楽しまれている方も多いです。
自爪が弱い方にとって人工爪は好きな長さを楽しめるので人気があります。

爪が弱くて伸ばすことが難しい、でも美しい爪にしたいという人に向けて開発されたのがスカルプチュアなどの人工爪です。
人工爪の中で代表的なものとなるのがスカルプチュア、ジェルネイルです。
この二つの人工爪について理解しておきましょう。

スカルプチュアは人工爪の総称

人工爪全体をスカルプチュアといいますが、現代スカルプチュアと呼ばれているのはアクリリックネイルを指すことが多いようです。
アクリリックネイルというのはアクリルリキッドとアクリルパウダーを組み合わせて利用する「ミクスチャー」を利用した人工爪です。

アクリルリキッドを筆に含ませてアクリルパウダーをとることで科学重合が発生し、ドロドロ、クリーム状のミクスチャーが出来ます。
このミクスチャーを爪の上に置き、爪の形を作っていくのがアクリリックネイルです。

チップオーバーレイとベーシックスカルプチュアという二つの方法があります。
爪の先端にネイルチップを装着、その全体にミクスチャーを利用して補強するというのがチップオーバーレイという方法です。
全体をミクスチャーで作り上げていくのがベーシックスカルプチュアです。

スカルプチュアの注意ポイント

スカルプチュアを利用する事で自爪では実現しない美しいネイルアートを施すことができます。
立体的なデザインを施すときなど、自爪では作れないようなデザインもスカルプチュアなら可能なのです。

透明なもの、その他のカラーなどアクリルパウダーのカラーも様々なものがあり、豊富なデザインが魅力です。
自爪が弱く伸ばすことが出来ないという方にも理想的な爪を演出できるので、高い人気を誇っています。

但し、爪に負担をかけるのでその点に注意が必要です。
スカルプチュアを接着する時、自爪に接着しやすいようにファイルで削るという作業が必要です。
削る事で自爪が薄くなるので爪が弱くなってしまいます。

またスカルプチュアを行う際に利用するアクリルリキッドはかなり強い匂いがあり、この匂いが嫌いという人もいます。
除去する時にアセトンという成分の入った液体を利用するため、肌が弱い方は利用に注意が必要です。

ネイリストさんは爪やネイルなどについて専門的な知識を持っていますので、爪、皮膚に自信がない、弱いと感じている方はネイリストさんに相談しどの方法でネイルするほうがいいか、確認してみるといいでしょう。

続きを読む

カルジェル

人気のカルジェルとはどんなネイル?

セルフネイルも様々なキットが登場し、ご自宅でネイルを楽しまれている方も多くなっています。
ネイルはファッションの一部として必ずしておきたいというおしゃれな女性も少なくありません。

ネイル好きな女性にとって注目のネイルにカルジェルがありますが、他のネイルとの違いが判らないという方も多いです。
どのようなタイプになるのかというと、爪に優しい成分が利用されているという特徴があります。

専用の溶液できれいにオフできるなどの気軽さから、カルジェルを利用する方が非常に多くなっていますし、水に強くカビなどの心配もないという魅力も持っています。
爪が弱い人にとって最適なジェルといえるのです。

ジェルネイルとほぼ作っていく行程は変わらないのですが、質感がジェルネイルよりも柔らかい印象があり、その為ソフトジェルとも呼ばれます。
長さを出したいという時にはジェルネイルなどハードタイプの方が向いていますが、自爪をカバーするという事においては使いやすいネイルです。

ジェルネイルよりも水に強い特徴を持っていますので、自爪とジェルの間に水がたまり剥がれるというトラブルは起きにくいです。
通常、ケアなどをしっかり行う事で3週間から4週間、キレイなまま保てるといわれています。

カルジェルのほかにバイオジェルという商品がありますが、一般的にバイオジェルはカルジェルよりも硬い素材で作られてているので、長さを出すときにはバイオジェルの方安心です。

カルジェルを自分でオフする

ジェルネイルをオフする方法とカルジェルをオフする方法は基本的に同じです。
カルジェルの場合、専用リムーバーがありますので、専用商品を利用する方が除去しやすく、キレイにオフできます。

勿論オフする際には爪を傷めないように正しい方法でオフすることが求められます。
出来る限り自爪に負担をかけないようにするためにも、専用リムーバーを利用して丁寧に除去する方が爪に負担をかけることも少なく安心です。

自宅でカルジェルを楽しみたい方には

カルジェルを自宅で楽しみたいという方は、最初にスターターキットのようなセット商品を購入しておくと便利です。
UVライトやクリアジェル、ブラシなどオフに必要なグッズがセットになっている商品も多いので、最初に購入しておくと買い足すなどの面倒がありません。

カルジェルはメンテナンスをしっかり行う事で長持ちするネイルとなりますので、メンテナンス用品がセットで販売されています。
メンテナンスに必要なグッズが揃ってセットになっているので便利です。

必要な物だけ購入したいという場合でも、オフの際など自爪を傷めないように、専用のリムーバーとカルクレンズなどは購入しておく方がいいでしょう。

続きを読む

ピーコックネイル

豪華で大人っぽい印象のピーコックネイル

大人っぽいネイルアートを希望している方にお勧めなのが、
クジャクの羽のようにキレイな色の仕上がりとなるピーコックネイルです。

これは、筆などを用いて線を引き表現するドラッグアートという手法によるもので、
それなりの技術を要します。

フラワーモチーフというものがありますが、
これもピーコックアートによるものです。
その名の通り、花を描くネイルになりますが、
ピーコックアートの基本とも言えるデザインになります。

ネイルを専門にしているサロン等に行けばこのピーコックアートを行ってもらうことも可能ですが、
簡単なものであれば自分で行うことも可能です。

ピーコックの始まり

ピーコックネイルが流行したのは、2013年の冬ごろからになります。

豪華でありながらもあまり派手な印象でもない、
そのちょうど良さが人気の秘密と言えるでしょう。

色を抑え目にしておけば普段でも問題なくできますし、
さりげないおしゃれとして見せることもできます。

反対に、結婚式や成人式といった晴れ舞台であれば、
少しカラーを多めにしておけばゴージャスに見せることもできます。

このように、どういったシーンでもできるというのもピーコックネイルの嬉しい点です。

ピーコックネイルを行う方法

実際に自分でこのピーコックネイルに挑戦してみたいという方もいるかもしれません。
ここでは、そのピーコックネイルの方法を簡単に紹介します。

まずはベースコートを爪に塗り、
その上からさらにベースカラーとなるものを塗ります。
花の色を決めたらその色のカラーのマニキュアを、
先ほど塗ったベースの上に乗せます。

この時に、筆の先を少しだけ爪の上に乗せるような形にして、
小さな水玉を作ります。
1つだけではなく、2~3つほど並べるとより豪華になるでしょう。

水玉を作ったら、その端にかぶせるようにして、
小さめの水玉をもう一つ乗せます。
この色は、先ほどのものとは違うカラーにしましょう。

ホワイトにすると無難です。

上記の作業が完了したら、細い筆か、
それがなければつまようじなどを使って線を引いていきます。
水玉になっている部分の上に、円を半分に切るようなイメージで線を入れましょう。
一直線に筆を動かすのがポイントです。

すると、先ほど二つ重ねたカラーのマニキュアが混ざり合ってクジャクの羽のようになります。

慣れないうちにやると、どうしても線が曲がってしまってしまったり、
思ったような形にならなかったりとうまくできないかもしれません。
しかし、何回か練習するうちにキレイにできるようになるでしょう。

カラーを変えてみることでバリエーションも持たせられますから、
さまざまなやり方で自分なりのピーコックネイルを楽しんでみましょう。

続きを読む

グラデーションネイル

おしゃれなグラデーションネイル

さりげなくおしゃれなネイルをしたいと考えている女性は数多くいるかと思いますが、
そういった方に適しているのがグラデーションネイルです。

濃い色から薄い色へと変化していくことをグラデーションと言いますが、
これをネイルに取り入れたのがグラデーションネイルで、
別名シロップネイルとも呼ばれています。

このグラデーションネイルの特長は、
単純に色がきれいで華やか、というだけではありません。

指が長く見えるという視覚的な効果も望めるのです。
細長い指というのは女性の憧れ。

その効果を、ネイルの工夫によって引き出すことができるということです。

また、そこまで難しいものではありませんから、
自分で行うことが可能というのも嬉しいポイントです。

グラデーションネイルの作り方

グラデーションネイルを自分で作るための方法を紹介します。

準備するものは、
グラデーションの薄い部分と濃い部分となる2色、
それにプラスして中間の色となる1色の、合計3色のマニキュア。

そしてもうひとつ、爪のサイズに切った小さなスポンジを用意します。

はじめに、爪全体にベースとなるクリアジェルを塗り、
時間をおいて乾かします。

用意しておいたスポンジに、
濃い色から薄い色になるよう順番に3色のマニキュアを塗っていきます。

この時に、少し多めに染み込ませておくと失敗が少なくなります。

スポンジに3色が充分染み込んでいることを確認したら、
それを爪に充てます。

外してみて、キレイにグラデーションになっていたら、
その後トップジェルを塗って完成です。

好みに合わせてリボンや花のネイルシールをポイントで付けるとさらにかわいらしくなります。

スポンジにうまくマニキュアが染み込んでいない状態で爪に充ててしまうと、
気泡が入ったりグラデーションがうまくつかなかったりしますので、
注意しましょう。

グラデーションネイルのメリット

グラデーションネイルにはさまざまなメリットがあります。

前述したように、色がきれいで指が長く見える、
というのもメリットですが、他にもあります。

たとえば、爪が伸びてきても根元がわかりにくいという点です。

ネイルの弱点として、
爪が伸びてきてしまうとすぐに塗りなおさなければならない、
というところがあります。

しかしグラデーションになっていれば、
爪が伸びてきても不格好になりません。

とくに、爪先部分のみにグラデーションを入れるという方法もありますから、
このようにしておけば爪が伸びてきてもほとんど関係ありません。

また、簡単にできるのに凝って見える、というのも嬉しいポイントです。

ネイルアートのように、
爪にアートを描いたりするような難しい技術は必要ありませんから、
自分で簡単にできます。

そして、さまざまなカラーバリエーションでネイルを楽しめるというのもメリットの一つ。

シンプルにしたいならピンクから上に向かって
白になっていくというグラデーションがお勧めです。

これであれば、普段でもそこまで周りから
派手という印象を持たせずにおしゃれを演出する事ができます。

豪華にしたいという方は、あえて濃い色から薄い色にするのではなく、
全く違う3色をくみあわせてみる、というのも面白いかもしれません。

このように、グラデーションと言ってもカラーバリエーション変えて楽しむことができます。

シーンに応じて色を変える

ネイルで季節を表現するというのも楽しいでしょう。
たとえば、春ならピンク、
夏ならさわやかなブルー、秋ならオレンジ、など。

オフィスで付けておきたいなら、
できるだけグラデーションであることが
分からない程度の薄めの色にしておけば問題ありません。

デートで相手に良い印象を持たせたいのであれば、
ピンクでかわいらしくしてみましょう。

パーティなどに行く場合には、
少し派手かも?と思うくらい思いきってみるのも良いかもしれません。

用途に応じてグラデーションネイルを楽しみましょう。

続きを読む

ジェルネイルの種類

ジェルネイルとは

ジェルネイルは最近のトレンドとも言えるネイルアートです。
まだ、普及し始めたばかりの方法ですから、
詳しく知らないという方も多いでしょう。

ジェルネイルは、水あめ程度の液体を爪に乗せ、
紫外線を照射することで固めるという方法で付け爪を作るというものです。

作り方から自分の爪と密着しやすいのが特徴。
透明感がある上に美しいツヤもあることから、
マニキュアと比べてネイルアートが長持ちしやすいのです。

持ちが良いことからジェルネイルの人気は爆発的に上昇中。
昨今、ネイルサロンでは多くの人がオーダーしているようです。

年齢層も幅広く10代から大人の女性まで、多くの人の中で注目を集めています。
ここでは詳しくご紹介したいと思います。

さらに、ジェルネイルは自由なデザインができます。
付け爪を別途作ることもできますし、
ネイルサロンでは人気になっているのです。

ジェルネイルのデメリット

持ちが良くデザインしやすいと、良いことばかりのように見えるジェルネイル。
しかし、デメリットもあります。

ジェルネイルは落とすのに時間がかかります。
さらに自分の爪を削らなければなりません。

また、爪が薄くなってしまうという問題もあります。
これらのことから、自分の爪の強度を下げてしまうというリスクもあるのです。

継続して使用したいと思う場合、
どこかで自爪のケアをしてあげなければなりません。
お手入れをすることはもちろん、
栄養状態や健康にも気を使い、元気な爪を維持することが大切でしょう。

ジェルネイルの付け方

ジェルネイルの付け方は上述した通り、
UVを照射してジェルを硬化させるというものです。

爪の補強や矯正、長さを伸ばすという時などに活用できます。

具体的な手順です。
まずは爪のケアを行い、甘皮を処理。
その後、表面を削ってザラザラにすることで爪との密着度を高めます。

爪の先にフォームを付けて長さを調整します。
この長さに合わせて形を作っていきます。

その後、ジェルを紫外線ライトに当てて固化していきます。
ジェルは固まった時に少しだけ縮むと言う性質を持っています。

この時、爪の先端に変な違和感があるという方もいます。
多少であればランプから手を放しても良いので、ネイリストの方に指示を仰ぐのも良いでしょう。
何度かこの作業を繰り返すことで、よりデザインを凝ったものにすることもできます。

最後にネイルの形を整えたら、もう一度紫外線を照射します。
この手順を踏むことで完成するのです。

専用機器を持っていないとジェルネイルを作ることができません。
自宅でやろうとすると、
少し費用がかかってしまうと思います。

しかし、人気も高いことからネイルサロンであれば多くの場所でオーダーできます。
興味のある方はぜひともチャレンジしてみましょう。

続きを読む

ネイルの種類

ネイルの種類

ネイルにはさまざまな種類があります。
日常生活では、なかなか知る機会もないでしょう。

どういったタイプを選べばいいかとお悩みの方も多いと思いますが、
それぞれのネイルについて紹介したいと思います。

まずは定番のカラーリング。
自分の爪を塗るというものであり、一番シンプルな方法だと言えます。

お洒落を楽しむという目的だけでなく、
二枚爪になってしまうのを保護するためにも活躍します。

カラーリングの時、合わせてトップコートをすると、より爪の保護に役立ちます。

ジェルネイルはゼリーのような液体を塗布し、UVライトで固めるという方法です。
密着性が高いことから長持ちしやすいことが特徴。
はがれにくい性質を持っています。

人工爪を付けるスカルプチュア。
爪の厚みや長さを加えることで、
よりお洒落をしやすくできるという方法です。

スカルプチュアにはアートを施すというケースもあり、
より豪華に見せたいという方にも適していると思います。

付け爪を装着するとき、削る作業を最小限に抑えたのがカルジェルです。

継続的に使用する場合、
だいたい1か月おきにメンテナンスをすれば、長期間使用できます。

また、薄いジェルになっているため柔軟性も高く、
ダメージを受けても折れにくいという性質があります。

個人の爪のサイズに合わせてネイルチップを作るものをオーダーチップと言います。
両面テープを使用するため、必要に応じて手軽に使用できます。

休日だけ付けるということもできるので、
平日にネイルを付けられないという方にもオススメです。

複雑なデザインをしたり、3Dアートを施したりというデザインにも適しています。
手軽に付け爪ができることから、サロンでの待ち時間短縮にもつながります。

ネイルのデザインの種類

ネイルにはさまざまなデザインがあります。
ネイルカラーひとつとっても多数の種類があります。

もっとも定番とされるフレンチネイルはつま先をベースカラーで塗るというもの。
一般的には白が多いですが、その他のカラーでも構いません。

職場によっては、この程度のネイルアートであれば問題ないという方もいます。
手軽さが自慢のネイルです。

水玉模様のドットネイルもあります。
少し派手な印象を与えることから、
ワンポイントのアクセントでお洒落に見せる効果もあるでしょう。

一つの爪の間で同じ色の濃度を変えるグラデーションネイルもあります。

こちらはフレンチネイルと近いものがありますが、よりデザイン性が高いことが特徴。
単純な中にも、ちょっと違う雰囲気を演出できます。

また、ピーコックネイルという種類もあります。
こちらは、孔雀の羽根のようにゴージャスな模様を塗るという方法です。
かなり華美に見せることができるため、特別な日に合わせて使うと良いかもしれません。

最近ではアニメキャラのイラストを描くデザインも登場しているようです。
特殊ではありますが、サロンを検索してみると良いかもしれません。

このように、ネイルデザインで個性化を図ることができます。
ぜひとも自分に合ったデザインをしてみると良いでしょう。

続きを読む

フレンチネイル

可愛いネイルデザイン

ネイリストとして働くようになると、
就職した場合でも独立開業した時に必ず求められることがあります。

場合によっては、
それは、友達に頼まれた時でも同様のことが言えるかもしれませんが、
可愛いネイルデザインをして欲しいということ。

もちろん、
ネイルアートのプロフェッショナルである方が中心に当サイトをご覧いただいていると思いますが、
ネイル初心者の方にもわかりやすいよう、
言葉でイメージを説明する必要もあるでしょう。

フレンチネイル

そこで今回は基本的なネイルアートの方法として、
フレンチネイルについて解説します。

フレンチは昔から定番とされてきたネイルデザインですから、
人気も高いだけでなく、ネイルアートの王道と言えるでしょう。

ナチュラルなデザインにすることはもちろん、
ゴージャスなデザインも作れるものとして認識されているのですが、
これはフレンチのシンプルさと関係していると言えるでしょう。

爪先にホワイトカラーを乗せたものを一般的にフレンチと呼びますが、
ネイルアートをする上で全ての基礎だということです。

基礎が大事

本項では細かいやり方については割愛しますが、
自分でネイルアートを楽しもうと考えている方も気軽に実践できるネイルアートの方法。

しかし、シンプルなだけに実践するのが意外と難しいということも事実です。

したがって、
基礎練習の成果がもっとも分かりやすく現れるデザインと言えるでしょう。

続きを読む