ネイル認定講師

ネイル認定講師とは

爪に関わるお仕事としてネイル認定講師というものがあります。
ここではネイル認定講師が
どのような仕事をして行くのかについてお話しをします。

JNA認定講師

「JNA認定講師」というのが正しい呼び名です。
ネイリストにはいろいろな資格取得があり、
「JNA認定講師」も一つの資格ととらえてください。

「JNA認定講師」の資格取得をすれば日本ネイリスト協会の
講師会のメンバーとして認められることが出来ます。

ネイル認定講師の役割とはいったい何なのでしょうか。
ネイル認定講師がなんのめたに存在している資格かと言えば、
ネイル認定講師の資格を持っている人たちは、
ネイルの普及と発展に努めていかなければなりません。

JNAが実施するイベントの実行委員をこなし、
コンテストの審査員や検定試験の試験官、
セミナーの開催などいろいろなシーンにおいてネイルと関わっていきます。

ネイル認定講師になるため

次にネイル認定講師にはどのような方法でなることが出来るのでしょうか。
それは、日本ネイリスト協会が実施する「JNA認定講師試験」を受験することです。

ただし、それは誰でも簡単に受けることが出来る試験ではありません。

まず満20歳以上である必要があり、ネイリスト技能検定試験1級に合格、
認定されてから1年以上は経過していることが条件であり、
さらには、プロのネイリストとして実務経験を持っていることが条件です。

「JNA認定校」を卒業、またはJNA認定校の「ネイル専門学科」で学ぶ必要があり、
「ネイルケア」、「ネイルイクステンション」の実技時間を20時間以上終了しなければなりません。

結構資格取得の中でも敷居が高いととらえるべきではないでしょうか。

とにかく真剣にネイルの仕事をしたいというモチベーションを持っていない限り、
なかなか取得は難しいもののようです。

ネイル認定講師のメリット

それでも、ネイル認定講師になりたいという人たちはとても多くいます。
実際には、ネイル認定講師の資格取得をしないでもネイリストになることは出来ます。

しかし、ネイル認定講師の資格取得によって
更に高い給料をもらうことが出来るようになります。

より以上、給料アップを期待したいというのなら、
そのようなアクティブなモチベーションもとても大事です。

さらにネイル認定講師の資格を取得したいと思っている人たちは、
ネイリストの業界がもっと華やかに発展して欲しいと願っている人たちです。

まだまだ、ネイリストの世界は、
大きくステップアップして欲しいと願っている人たちが多くいます。

ネイリストの世界は、まだまだ新しい世界であり、
今後更に大きく成長することも期待することが出来ます。

ネイル認定講師の資格を取得して、
活性化させるためのイベントに取り組みなど、
積極的に参加して活性化につなげてください。