JNAジェルネイル技能検定試験

JNAジェルネイル技能検定試験とは

最近は、女性のお洒落として、
ジェルネイルを利用する人が多くなっています。

ジェルネイルは、
紫外線で固まる特殊なジェルで爪をコーティングして、
ツヤツヤの爪を実現する新しいネイルアートです。

一般的なネイルアートはマニキュアを使用しますが、
ジェルネイルは色々な色のジェルを専用のUVライトで固めながら、
塗り重ねていきます。

マニキュアを塗るよりもネイルアートが長持ちしますし、
ジェルで爪を保護するので、爪が割れやすい人などに最適。

爪が伸びるまで、そのまま放っておいても大丈夫なので、
忙しい人でもネイルを楽しむことができます。

ジェルネイルがネイルアートの主流になりつつある中で、
日本ネイリスト協会ではジェルネイルをさらに普及させるために
JNAジェルネイル技能検定を実施しています。

JNAジェルネイル技能検定は、
JNEネイリスト技能検定試験の級を取得している人なら第一課題が免除されますので、
ネイリストとして活躍している人でも受験する人が増えています。

JNAジェルネイル技能検定の試験内容について

JNAジェルネイル技能検定には、上級と初級の2つの級があります。
初級は中学校を卒業し15歳以上であれば、
誰でも受験することができます。

初級の試験内容は実技試験と筆記試験が粉割れ、
筆記試験は30分間です。
ネイルの基本的な知識や、
ジェルネイルの基本的な知識について主題されます。

実技試験の第一課題がネイルケアです。
35分間の間に両手全ての指のネイルケアをしなければなりません。

JNEネイリスト技能検定試験で級を取得している人はこの第一課題は免除になります。

第一課題が終わると、
次は第二課題で60分間行われます。
左手の指にポリッシュカラーリング、
右手の指にジェルカラーリングを行い、
右手の中指にジェルアートを施すことが試験内容になっています。

初級に合格すると、上級の試験資格を得ることができます。
上級も筆記試験と実技試験が行われ、筆記試験は初級と同じく30分間です。
試験内容なネイルの手順やジェルネイルの手順、プロフェッショナリズムなどとなっています。

実技試験は、第一課題が55分間で両手全ての指にネイルケアとカラーリングを行うことですが、
JNEネイリスト技能検定試験の2級以上を取得していれば、第一課題は免除になります。

そして、第二課題は85分間で、
指にジェルネイルによるイクステンションを施すことが試験内容になっています。

初級、上級、共に100点満点中、80点以上を取ると合格することができます。
試験は不定期に実施されていますので、
受験しようと思っている人は、
日本ネイリスト協会(JNA)のホームページを常にチェックするようにしましょう。