求人状況

現在の求人状況

ネイルアートはトータルコーディネートの一部として、
おしゃれに気を遣う女性なら服や場に合わせて色々と変えますよね。

ネイルを施す頻度は人によって違いますが、
爪先までおしゃれに気を遣う人なら短いスパンでデザインを変える人もいます。

多くの人がファッションや身だしなみとしてネイルアートを施すようになったので、
ネイリストの活躍の場は格段に多くなりました。

この影響を受けて、年々ネイルサロンの数は増え続けています。
ニーズに合わせてネイルサロンの傾向も細分化してきたり、
ネイル業界はにぎわいの一途を見せています。

多くのネイルサロンでは新しいネイリストを歓迎しています。

技術を持ったネイリストは活躍の場が多い

確かな技術を持ち、新しい感性を培ったネイリストは顧客の希望を叶えるのにぴったりです。
ネイル自体の人気の高さから、
ネイリストの採用においては門戸が広いという利点があります。

また、確かな技術を身につけたネイリストは、
独立してホームサロンを開くなど将来的な展望も広がります。

ネイリストが活躍する場はネイルサロンだけではありません。

美容院やエステティックサロンでもネイルアートの施術を受けられるところは多くなってきています。
ファッションや美容の一環としてのネイルアートを施す際に、
美容院やエステティックサロンでネイルが出来るのは楽ですよね。

トータルでのおしゃれや美容のバランスを考えながら施術を受けることも出来る場合が多く、
こちらもネイルアートをする女性には人気要素の一つです。

美容院でのネイルは、結婚式などお呼ばれのパーティスタイルに合わせて、
ヘアアレンジとネイルコーデをトータルで施術してもらったり、
普段のおしゃれでも髪型を変えるついでにネイルアートも
新しくしようと思った時に同じ店舗で対応できるのが利点です。

エステティックサロンでのネイルアートは、
美容的観点から美しくなった自分へのご褒美にネイルアートを施したりといった具合に、
トータルでの全身の美しさを求めることも出来ます。

美容院とエステティックサロンのどちらの場合も、
ネイルアート専門のサロンと同じように、
爪先まで美しくありたいと思う願いをかなえる場になっています。

また、ブライダルサロンでのネイリストの仕事も増えてきています。
結婚式という華々しい舞台により一層の美しさで臨みたいと考える女性はとても多いです。

ネイルアートが一般的になるにつれ、
ブライダルネイルというジャンルも成長を遂げてきました。

上品なネイルアートは晴れの日にふさわしく、
花嫁の美しさをより一層際立たせます。

ブライダルはここ数年でドレスの傾向など大きな変化がありました。

画一的な結婚式からオリジナル色の強いブライダルへ移行すると共に、
ウェディングドレスも個性的なものを選ぶ人が増えています。

個性を尊重した美しさを演出するためにブライダルネイルも
一役買っていると言えるのではないでしょうか。

これら、様々な職場については更に詳しく「ネイルサロン以外にも就職の道がある」にまとめましたので、ご覧ください。

学歴は関係ありませんが、資格はあった方が有利です

このようにいろいろな場で活躍することのできるネイリストの求人ですが、
学歴は関係ありません。国家資格も必要ありませんが、
民間資格を取得している方が就職には有利です。

ネイリストの求人は、その活躍の場に比例して増え続けています。

自分に合ったサロンを見つけることも出来るのではないでしょうか。

【求人状況】メニュー

ネイルサロン以外にも就職の道がある
面接に行こう