爪に対する考え方とネイリストの採用基準

爪に対する考え方

爪に対する考え方は人それぞれで大きく異なるのではないでしょうか。
もはや、爪を美しくしておくこと自体は女性にとって最低限必要な身だしなみです。

例えば、爪を噛む癖のある女性や元々爪の弱い女性にとって、
健康な状態であること自体が既に美しい爪と言えるのではないでしょうか。

一方、可愛いネイルアートを施している自分自身の存在に関心がある人にとって、
ネイルアートは自己満足の為のものであり、
自分なりの美しさを追求することが重要だと言えるのです。

また、ネイルアートを「可愛い」と他人に思ってもらいたいと考えているのであれば、
それなりに一般に受けるような要素も求められると考えて良いでしょう。

このように、ネイルアートや爪に対する考え方は人それぞれ。

つまり、ネイルサロンにやってくる人の目的も異なってきますから、
一人ひとり丁寧にカウンセリングすることが大切です。

ネイリストの素質

実はネイリストに求められる最大の素質とは、
相手の心を読み取ってネイルアートを施してあげるという点にあるかもしれません。

あなたが飛び抜けたネイリストでない限り、
好感をもたれるかどうか、再度指名したいと思うかどうかは、
実はこの点にあるのではないでしょうか。

つまり、お客様の要望に応える為には、
まずは本質的にお客様の要望を知ることから始まります。

そのために何が必要かと言えば、やはり、
お客様に対してカウンセリングを施すセンス。

これがなければ始まらないということです。

もちろん、ネイリストである以上、
最低限の技術が求められることは言うまでもありません。

この時、重要となってくるのは資格やスクールの受講歴。
求人を行っているネイルサロンで面接を行う際、
相手の人柄を見ることはそこまで難しいものではないでしょう。

しかし、技術を見る方法はあまり多くありません。

実演させるということも不可能ではありませんが、
現実問題としてなかなか難しいというわけです。

そこで、ネイリスト資格を取得しておけば求人を行っているネイルサロンに対して、
自分の能力をアピールしやすくなるというもの。

資格を武器にネイリストとして活躍するためにも、
まずは資格を取得する、あるいは、
高いレベルの資格に挑戦すると言ったことを始めてみてはいかがでしょうか。