カウンセリング力

サロンでのカウンセリング

ネイリストとして働くのであれば、
最低限必要なことはネイルの技術と知識です。

これがなければ信頼される人にはなれません。
しかし、ただデザインするだけではなく、
お客様の希望に応じてネイルアートを作ることが仕事。

お客様にカウンセリングをする能力も求められます。

ネイルアートはお客様の爪の強度や希望を知らなければなりません。
そのため、事前のカウンセリングはある種の義務とも言えるでしょう。

これができないと後になってトラブルになってしまう可能性もあるからです。

また、お客様はカウンセリングを通じて、
そのネイリストやサロンのことを見ています。

美容関係のお仕事は技術職であるとともに、
接客サービスを求められる職業でもあります。

サロンの雰囲気や清潔感、
ネイリストの人柄をもとに施術を受けるかどうか決めるのです。

したがって、コミュニケーションスキルを身に付けることも重要でしょう。

カウンセリングの内容

サロン側はお客様に対して、
事前にトラブルが起こるリスクやデメリットについて説明をすることを求められます。

カウンセリングでは、この点について話さなければなりません。

施術時、爪や肌に対してトラブルが起こることも考えられます。
この時の対処法について説明する機会でもあるのです。

お客様が十分納得してから施術を行わなければなりません。

また、ネイリストとしてはどのようなデザインを希望しているかを知る機会でもあります。
具体的なイメージをすり合わせたいと考えている方も多いでしょう。

しかし、あまり長時間割くことはできません。
お客様は待ち時間が長いと思ってしまうかもしれないからです。

このような理由から、ネイリストにとって、
一定のカウンセリング力を求められることになるでしょう。

同時に、接客スキルや説明力も求められることになりますから、
ネイルアートの技術とともに話す力も鍛えるようにすべきです。

カウンセリング力を磨く

カウンセリングの時、お客様から求められることは分かりやすく簡潔な説明です。

ネイリストとして信頼されるためには、
専門用語を使って話すことが大切と思う方もいるかもしれません。

しかし、美容に関する専門用語を並べたところで、
その意味が分からなければかえって不審な印象を与えてしまうリスクもあります。

施術の流れについて説明するのであれば、
できるだけ分かりやすい言葉を選ぶようにしましょう。

また、カウンセリングの時に流れを説明するだけではなく、
お客様の疑問を解消することも求められます。

特に、初めてネイルサロンを利用する方は不安でいっぱい。
安心して任せられると思ってもらうためには、
分かりやすい説明を心掛けること。
ネイリストに求められる能力の一つと言えるでしょう。