就職と開業、ネイリストはどちらを行うべきか

様々な働き方

ネイリストとして働く場合、
ネイルサロンの求人を見て応募する方法がありますね。

そのまま店舗内の1ネイリストとして働くというものです。

その一方で、
思い切って独立してしまうことも選択肢として考えることができるでしょう。

そこで、どちらを選択する方がより良い人生を送れるのかを比較してみました。

ネイルサロンに就職するメリット

まずはネイルサロンの中で1人のネイリストとして
働くと言う方法について考えてみましょう。

やはり、ネイルサロンの中で教育や研修が行われる為、
自分のスキルを磨く機会が多いという点が挙げられます。

また、働く中で多くのお客様が来店される可能性も高いことが考えられます。

大手のネイルサロンであれば自然と集客は集まるものですし、
広告活動は経営陣が行ってくれるため、
特に何もしなくてもお客様と接する機会は増えます。

周囲のネイリストからの刺激を受けることもあると言えるのではないでしょうか。

ネイルサロンで働いていると、
外部から自然と能力を磨くチャンスが訪れてくるのです。

ネイルサロンに就職するデメリット

しかし、ネイルサロンの1ネイリストとして働くことのデメリットとして、
お店の方針から大きく外れたネイルアートを施術することができないということが挙げられるでしょう。

例えば、上品でシンプルなネイルアートを中心に施術を行うネイルサロンで
「痛ネイル」と呼ばれるような派手なキャラクターのイラストを書くネイルアートを施すというのは、
基本的に難しいのです。

また、社員という立場から、勤務時間や身だしなみなど、
様々な点で制約があることは仕方ないことと言えるでしょう。

ネイルサロンを開業するメリット

一方、ネイルサロンを自分で開業するというのも選択肢です。

こちらは自分の好きな勤務形態で働くことも容易ですし、
どのようなネイルアートを施術しても問題ありません。

むしろ、それがネイリストあるいはネイルサロンとしての個性になるため、
メリットだと考えることもできるのです。

ネイルサロンを開業するデメリット

ただし、その一方で自分のネイルサロンを開業する場合、
広告活動にも費用や労力がかかりますし、
その成果で集客が来るとは限りません。

その為、ネイルアートを施術する機会がどこまであるのかという問題点があります。

また、外部のネイリストから刺激を受ける機会が少なくなってしまう為、
自己研鑽を行わなければなりません。

どちらも一長一短ありますが、自分でネイルサロンを開業する場合、
常にスキルを磨くと言う意識を持ち続ける必要があると言えるでしょう。