独立してホームサロンで働く!

独立開業の心構え

ホームサロンという考え方が流行しているようです。
既にネイリストとして働いている方はもちろんのこと、
これから手に職を付けて開業してみたいけど、
現実問題として店舗を作って開くまでには至らないと言う人もいるでしょう。

そういう方の場合でも小規模な形で開業できるネイルサロンとして
ホームサロンが流行しているのではないかと考えられます。

さて、ホームサロンを開業する前に大前提として覚えておいて欲しいことがあります。
独立開業ということ自体、多くのケースで失敗することが多いものです。

ネイルサロンで働いていたという人でも失敗することは十分にあるのですが、
経営感覚を身につけておく必要がありますから、
ネイリストとしての腕前だけで成功できるほど
簡単なものではないということを理解しておきましょう。

ましてや、経験がない状態から資格を取ればネイリストとして開業できるというものではありません。

そもそも、ネイリストを名乗るためには資格も必要ありませんから、
スキルの目安となるだけであって、それが必ずしもプラスに働くとは限らないのです。

ただし、ホームサロンを開業するのであれば、
お客様に対して資格と言う形で目に見える安心感を持ってもらう効果はあります。

この点で考えるとネイリストに関する資格を取得することは
ホームサロンにとって重要と言えるかもしれません。

資格を持っていて負担になることはありませんから、
勉強することは大切です。

ホームサロンを開業

さて、ホームサロンとネイルサロンを出店することの違いについてです。

まず、ホームサロンの最大の魅力は開店に関する
費用が少ないということが挙げられるでしょう。

自宅で、最小限の設備で開業出来てしまいますから、
ネイルに必要な素材はともかくとして、
基本的には1円も費用を支払う必要はありません。

ネイルアートを施す場所が自宅と言うことは、
お客様に対して清潔感などを持ってもらう必要はありますから
掃除をすることは大切かと思います。

ただし、適度に美観が保たれていれば、
アットホームで良いと言う評判を受けることもしばしばあるでしょう。

また、自宅で開業するわけですから、
ご近所様がお客様として来店してくれることもあると思います。

口コミから広告が広がっていくことも十分に考えられる為、
広告費用も安く済むことが期待できるのです。

ちなみに、これをバズ・マーケティングと言います。

もちろん、お店ですから分かりやすくする為にも、
ちょっとした袖看板程度は掲げておいた方がお客様の為になるでしょう。

しかし、デザインを考えなければこれは10万円程度で十分に作ることができる為、
費用面を考えると格安ということです。

また、広告チラシや名刺を配る必要はあると思います。
ただし、これも開業当初からデザインにこだわるのは大変かと思いますし、
自宅にプリンター、ワードやイラスト用のソフトなど、
ちょっとしたもので構わないでしょう。

わざわざデザイナーに頼んで印刷会社に発注しなくても良いのです。
ホームサロンということも手伝って、アットホームな感覚を与えることもできると思います。

店舗を構えて開業

一方、しっかりと店舗を構えて開店するのはリスクが付き物です。
それだけの信頼感を与えますし、
自宅と違う場所で営業するということは家庭に迷惑がかからないというメリットもあります。

ただし、開業費用が大きく発生してしまうことを念頭に入れておかなければなりません。

やはり、お店を出して内装まで力を入れるとするのであれば、
すぐに数百万円単位の費用が発生してしまいます。

既にネイリストとしてお客様が多数ついている方であれば
開業するに伴うリスクは大きく軽減されるでしょう。

しかし、未経験や経験が浅い状態で資格を勉強して開業したいと考えているのであれば、
まずはホームサロンという選択肢の方が確実でしょう。