コミュニケーション能力

人と話すことが好き

ネイリストは接客・サービス業です。
コミュニケーション能力が求められる職業であると言えます。

単純に技術者として作業を行うだけでなく、
人と話すことが好きという条件も求められるでしょう。

ネイリストは人とのコミュニケーションを求められる仕事です。

施術時間は意外と長いものであり、
同じお客様に向き合って作業をしなければなりません。
そのため、会話やしぐさ一つとっても、細やかな心遣いを求められるのです。

人と話すことが好きで観察眼や洞察力があると、
お互いに楽しく仕事ができると思います。

接客スキルはある意味でネイルの技術以上に大切かもしれません。
ネイルの技術が高くても、
お客様が希望したオーダー通りにデザインできなければ意味がないからです。

ヒアリングを適切に行い、しっかりと会話すること。
その中でどのようなネイルアートを求めているかを見つけるようにしましょう。

お洒落であることも大切

お客様が話したくなるような人の条件として、意外と大切なのがお洒落であることです。

一見すると、お洒落さと接客スキルは関係ないと思う方も少なくないでしょう。
しかし、接客・サービス業には間違いなく求められるスキルなのです。

お洒落さがある人に対して話しかけたいと思う方は多いでしょう。

飛びぬけてファッションセンスが高い必要はありませんが、
最低限の清潔感がある方が、話しやすそうと感じる方も多いようです。

第一印象が左右する職業ですから、身だしなみを整えることを求められるのです。
好感をもたれる人物の方が、お客様も好意的に話してくれやすいのです。

服装はもちろんのこと、清潔感も大切にしましょう。
髪の毛はしっかりまとまっているか、
爪の長さや美しさはしっかりしているか、
など、さまざまな配慮をしてください。

お客様とのコミュニケーションで大切なこと

ネイリストに求められるお客様とのコミュニケーション。

自分は技術を追求するから話す必要はないと考えている方でも、
本当にネイルアートを職業にしたいなら磨きを掛ける必要があります。

ネイリストはお客様との会話の中でどのようなデザインをするかを決める仕事。
あくまでも希望に応じたネイルアートの提案を行うことが求められるのです。

また、爪や手先全体のお手入れを教えるコンサルタント的な役割も持っています。

お客様からまた来ようと思ってもらえる人になるには、
ケアに関するアドバイスを行う必要もあります。

信頼できるネイリストだと思ってもらうことが大切です。

以上のことを踏まえた上でネイリストとしてようやく一人前になれます。
そして、お客様のオーダーを受ける中で今まで鍛え上げてきた技術力が活かされるのです。

本当のプロを目指すのであれば、
ぜひともお客様とのコミュニケーションを大切にしましょう。