面接に行こう

ネイリストの資格

最近人気が高まっているネイリストの資格は、
ネイルスクールや通信教育などで勉強をして、
JNAネイリスト技能検定、
INAネイルスペシャリスト技能検定などの民間団体が主催している
技能検定を受けることで取得することができます。

ネイルスクールや通信教育でネイリストの技術と知識を学べば、
特に資格を取得しなくてもネイリストとして働いたり、
開業したりすることはできますが、
ネイリストとしてのスキルの高さを示すために受験する人がほとんどです。

ネイリストの資格は、
ネイルカラーリングやネイルアートができるだけでは取得することはできません。

顧客の爪の状態を確認し、
爪にトラブルがある時は補修しなければなりませんので、
爪の構造や衛生面についての知識も必要で、
技能検定でもそれらの筆記試験が行われます。

ですから、ネイリストの資格を取得しようと思ったら、
専門のネイルスクールや通信教育できちんと学ぶことが必要なのです。

ネイリストの資格を取得するのは、そう簡単なことではありません。

しかし、技能検定で資格を取得しておけば、

就職にも有利ですし、顧客からの信頼度も高くなります。
ネイルサロンを開きたいという夢がある人も、
是非、取得しておきましょう。

ネイルスクールでは、技能検定に合格するための指導も行ってくれますので、
とても安心です。

趣味でネイルの勉強を始めた人も、
せっかく勉強したのですから、
資格を取得しておくことをおすすめします。

ネイリストの求人状況

そんなネイリストの資格を苦労して取得するのですから、
資格を取得できたら、是非、その技術や知識を活かして、
ネイリストとして活躍できるところに就職しましょう。

ネイリストの就職先は、
ネイルサロンをはじめ、ビューティーサロンやネイルスクールのインストラクター、
美容室などがあります。

最近のネイリストの求人状況は、
全国的に次々とネイルサロンやビューティーサロンがオープンしていますので、
とても豊富にあると言って良いでしょう。

ネイルスクールでは、
資格取得後に就職先を紹介してくれるところもありますので、
ネイリストとして働きたいと思っている人は、
良いところに就職するために、
そのようなネイルスクールを選ぶことをおすすめします。

面接に行こう

ネイリストの就職先をゲットするには、
どんどん面接を受けることをおすすめします。

面接の受け方はネイルスクールの方できちんと指導してくれますので心配はいりません。
自信を持って面接を受けてください。

ネイルサロンなどでは、頑張れば昇給はもちろん、
支店長などに昇進することも可能なところがほとんどです。

さらにネイリストとしての技術を磨き、
技能検定の上級にも挑戦して、スキルを上げていきましょう。

続きを読む

コミュニケーション能力

人と話すことが好き

ネイリストは接客・サービス業です。
コミュニケーション能力が求められる職業であると言えます。

単純に技術者として作業を行うだけでなく、
人と話すことが好きという条件も求められるでしょう。

ネイリストは人とのコミュニケーションを求められる仕事です。

施術時間は意外と長いものであり、
同じお客様に向き合って作業をしなければなりません。
そのため、会話やしぐさ一つとっても、細やかな心遣いを求められるのです。

人と話すことが好きで観察眼や洞察力があると、
お互いに楽しく仕事ができると思います。

接客スキルはある意味でネイルの技術以上に大切かもしれません。
ネイルの技術が高くても、
お客様が希望したオーダー通りにデザインできなければ意味がないからです。

ヒアリングを適切に行い、しっかりと会話すること。
その中でどのようなネイルアートを求めているかを見つけるようにしましょう。

お洒落であることも大切

お客様が話したくなるような人の条件として、意外と大切なのがお洒落であることです。

一見すると、お洒落さと接客スキルは関係ないと思う方も少なくないでしょう。
しかし、接客・サービス業には間違いなく求められるスキルなのです。

お洒落さがある人に対して話しかけたいと思う方は多いでしょう。

飛びぬけてファッションセンスが高い必要はありませんが、
最低限の清潔感がある方が、話しやすそうと感じる方も多いようです。

第一印象が左右する職業ですから、身だしなみを整えることを求められるのです。
好感をもたれる人物の方が、お客様も好意的に話してくれやすいのです。

服装はもちろんのこと、清潔感も大切にしましょう。
髪の毛はしっかりまとまっているか、
爪の長さや美しさはしっかりしているか、
など、さまざまな配慮をしてください。

お客様とのコミュニケーションで大切なこと

ネイリストに求められるお客様とのコミュニケーション。

自分は技術を追求するから話す必要はないと考えている方でも、
本当にネイルアートを職業にしたいなら磨きを掛ける必要があります。

ネイリストはお客様との会話の中でどのようなデザインをするかを決める仕事。
あくまでも希望に応じたネイルアートの提案を行うことが求められるのです。

また、爪や手先全体のお手入れを教えるコンサルタント的な役割も持っています。

お客様からまた来ようと思ってもらえる人になるには、
ケアに関するアドバイスを行う必要もあります。

信頼できるネイリストだと思ってもらうことが大切です。

以上のことを踏まえた上でネイリストとしてようやく一人前になれます。
そして、お客様のオーダーを受ける中で今まで鍛え上げてきた技術力が活かされるのです。

本当のプロを目指すのであれば、
ぜひともお客様とのコミュニケーションを大切にしましょう。

続きを読む

カウンセリング力

サロンでのカウンセリング

ネイリストとして働くのであれば、
最低限必要なことはネイルの技術と知識です。

これがなければ信頼される人にはなれません。
しかし、ただデザインするだけではなく、
お客様の希望に応じてネイルアートを作ることが仕事。

お客様にカウンセリングをする能力も求められます。

ネイルアートはお客様の爪の強度や希望を知らなければなりません。
そのため、事前のカウンセリングはある種の義務とも言えるでしょう。

これができないと後になってトラブルになってしまう可能性もあるからです。

また、お客様はカウンセリングを通じて、
そのネイリストやサロンのことを見ています。

美容関係のお仕事は技術職であるとともに、
接客サービスを求められる職業でもあります。

サロンの雰囲気や清潔感、
ネイリストの人柄をもとに施術を受けるかどうか決めるのです。

したがって、コミュニケーションスキルを身に付けることも重要でしょう。

カウンセリングの内容

サロン側はお客様に対して、
事前にトラブルが起こるリスクやデメリットについて説明をすることを求められます。

カウンセリングでは、この点について話さなければなりません。

施術時、爪や肌に対してトラブルが起こることも考えられます。
この時の対処法について説明する機会でもあるのです。

お客様が十分納得してから施術を行わなければなりません。

また、ネイリストとしてはどのようなデザインを希望しているかを知る機会でもあります。
具体的なイメージをすり合わせたいと考えている方も多いでしょう。

しかし、あまり長時間割くことはできません。
お客様は待ち時間が長いと思ってしまうかもしれないからです。

このような理由から、ネイリストにとって、
一定のカウンセリング力を求められることになるでしょう。

同時に、接客スキルや説明力も求められることになりますから、
ネイルアートの技術とともに話す力も鍛えるようにすべきです。

カウンセリング力を磨く

カウンセリングの時、お客様から求められることは分かりやすく簡潔な説明です。

ネイリストとして信頼されるためには、
専門用語を使って話すことが大切と思う方もいるかもしれません。

しかし、美容に関する専門用語を並べたところで、
その意味が分からなければかえって不審な印象を与えてしまうリスクもあります。

施術の流れについて説明するのであれば、
できるだけ分かりやすい言葉を選ぶようにしましょう。

また、カウンセリングの時に流れを説明するだけではなく、
お客様の疑問を解消することも求められます。

特に、初めてネイルサロンを利用する方は不安でいっぱい。
安心して任せられると思ってもらうためには、
分かりやすい説明を心掛けること。
ネイリストに求められる能力の一つと言えるでしょう。

続きを読む

ネイリストとして独立しホームサロンで働く魅力

様々な働き方

ネイリストと一口に言っても様々な形態で働いている人がいますよね。

店舗を構えたネイルサロンで働いている方、
美容室などでネイルの専門家として雇われている方、
自宅をホームサロンとして働いている方など実に様々だと言えます。

その中でもやはり自宅をネイルサロンとする
ホームサロンというものに憧れるネイリストは多いようです。

ホームサロンでの働き方

ではホームサロンで働く事には一体どんな魅力があるのでしょうか。
まず自宅という事なので当然通勤は必要無くなってきます。

つまり遅刻などをする心配がないという事が一つ。

そして人間関係を気にしなくてもよくなるという事も考えられます。
やはりネイルサロンのような女性が多く働く職場では人間関係の問題も多かれ少なかれ出てくるようなので、
そのような煩わしい問題を抱え込まなくてよいというのは大きな利点だと思います。

他にも営業形態を自分で決めれたり
施術の金額を決める事も出来るのでこれも一つの利点と言えるでしょう。

独立してホームサロンで働くというのは実に魅力が沢山ありますが
集客などは当然自分でしなくてはなりません。

しかし、それをクリアできるのであればホームサロンという
就業形態はとても魅力的であり将来性もあると言えるのではないでしょうか。

続きを読む

爪に対する考え方とネイリストの採用基準

爪に対する考え方

爪に対する考え方は人それぞれで大きく異なるのではないでしょうか。
もはや、爪を美しくしておくこと自体は女性にとって最低限必要な身だしなみです。

例えば、爪を噛む癖のある女性や元々爪の弱い女性にとって、
健康な状態であること自体が既に美しい爪と言えるのではないでしょうか。

一方、可愛いネイルアートを施している自分自身の存在に関心がある人にとって、
ネイルアートは自己満足の為のものであり、
自分なりの美しさを追求することが重要だと言えるのです。

また、ネイルアートを「可愛い」と他人に思ってもらいたいと考えているのであれば、
それなりに一般に受けるような要素も求められると考えて良いでしょう。

このように、ネイルアートや爪に対する考え方は人それぞれ。

つまり、ネイルサロンにやってくる人の目的も異なってきますから、
一人ひとり丁寧にカウンセリングすることが大切です。

ネイリストの素質

実はネイリストに求められる最大の素質とは、
相手の心を読み取ってネイルアートを施してあげるという点にあるかもしれません。

あなたが飛び抜けたネイリストでない限り、
好感をもたれるかどうか、再度指名したいと思うかどうかは、
実はこの点にあるのではないでしょうか。

つまり、お客様の要望に応える為には、
まずは本質的にお客様の要望を知ることから始まります。

そのために何が必要かと言えば、やはり、
お客様に対してカウンセリングを施すセンス。

これがなければ始まらないということです。

もちろん、ネイリストである以上、
最低限の技術が求められることは言うまでもありません。

この時、重要となってくるのは資格やスクールの受講歴。
求人を行っているネイルサロンで面接を行う際、
相手の人柄を見ることはそこまで難しいものではないでしょう。

しかし、技術を見る方法はあまり多くありません。

実演させるということも不可能ではありませんが、
現実問題としてなかなか難しいというわけです。

そこで、ネイリスト資格を取得しておけば求人を行っているネイルサロンに対して、
自分の能力をアピールしやすくなるというもの。

資格を武器にネイリストとして活躍するためにも、
まずは資格を取得する、あるいは、
高いレベルの資格に挑戦すると言ったことを始めてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

就職と開業、ネイリストはどちらを行うべきか

様々な働き方

ネイリストとして働く場合、
ネイルサロンの求人を見て応募する方法がありますね。

そのまま店舗内の1ネイリストとして働くというものです。

その一方で、
思い切って独立してしまうことも選択肢として考えることができるでしょう。

そこで、どちらを選択する方がより良い人生を送れるのかを比較してみました。

ネイルサロンに就職するメリット

まずはネイルサロンの中で1人のネイリストとして
働くと言う方法について考えてみましょう。

やはり、ネイルサロンの中で教育や研修が行われる為、
自分のスキルを磨く機会が多いという点が挙げられます。

また、働く中で多くのお客様が来店される可能性も高いことが考えられます。

大手のネイルサロンであれば自然と集客は集まるものですし、
広告活動は経営陣が行ってくれるため、
特に何もしなくてもお客様と接する機会は増えます。

周囲のネイリストからの刺激を受けることもあると言えるのではないでしょうか。

ネイルサロンで働いていると、
外部から自然と能力を磨くチャンスが訪れてくるのです。

ネイルサロンに就職するデメリット

しかし、ネイルサロンの1ネイリストとして働くことのデメリットとして、
お店の方針から大きく外れたネイルアートを施術することができないということが挙げられるでしょう。

例えば、上品でシンプルなネイルアートを中心に施術を行うネイルサロンで
「痛ネイル」と呼ばれるような派手なキャラクターのイラストを書くネイルアートを施すというのは、
基本的に難しいのです。

また、社員という立場から、勤務時間や身だしなみなど、
様々な点で制約があることは仕方ないことと言えるでしょう。

ネイルサロンを開業するメリット

一方、ネイルサロンを自分で開業するというのも選択肢です。

こちらは自分の好きな勤務形態で働くことも容易ですし、
どのようなネイルアートを施術しても問題ありません。

むしろ、それがネイリストあるいはネイルサロンとしての個性になるため、
メリットだと考えることもできるのです。

ネイルサロンを開業するデメリット

ただし、その一方で自分のネイルサロンを開業する場合、
広告活動にも費用や労力がかかりますし、
その成果で集客が来るとは限りません。

その為、ネイルアートを施術する機会がどこまであるのかという問題点があります。

また、外部のネイリストから刺激を受ける機会が少なくなってしまう為、
自己研鑽を行わなければなりません。

どちらも一長一短ありますが、自分でネイルサロンを開業する場合、
常にスキルを磨くと言う意識を持ち続ける必要があると言えるでしょう。

続きを読む

独立してホームサロンで働く!

独立開業の心構え

ホームサロンという考え方が流行しているようです。
既にネイリストとして働いている方はもちろんのこと、
これから手に職を付けて開業してみたいけど、
現実問題として店舗を作って開くまでには至らないと言う人もいるでしょう。

そういう方の場合でも小規模な形で開業できるネイルサロンとして
ホームサロンが流行しているのではないかと考えられます。

さて、ホームサロンを開業する前に大前提として覚えておいて欲しいことがあります。
独立開業ということ自体、多くのケースで失敗することが多いものです。

ネイルサロンで働いていたという人でも失敗することは十分にあるのですが、
経営感覚を身につけておく必要がありますから、
ネイリストとしての腕前だけで成功できるほど
簡単なものではないということを理解しておきましょう。

ましてや、経験がない状態から資格を取ればネイリストとして開業できるというものではありません。

そもそも、ネイリストを名乗るためには資格も必要ありませんから、
スキルの目安となるだけであって、それが必ずしもプラスに働くとは限らないのです。

ただし、ホームサロンを開業するのであれば、
お客様に対して資格と言う形で目に見える安心感を持ってもらう効果はあります。

この点で考えるとネイリストに関する資格を取得することは
ホームサロンにとって重要と言えるかもしれません。

資格を持っていて負担になることはありませんから、
勉強することは大切です。

ホームサロンを開業

さて、ホームサロンとネイルサロンを出店することの違いについてです。

まず、ホームサロンの最大の魅力は開店に関する
費用が少ないということが挙げられるでしょう。

自宅で、最小限の設備で開業出来てしまいますから、
ネイルに必要な素材はともかくとして、
基本的には1円も費用を支払う必要はありません。

ネイルアートを施す場所が自宅と言うことは、
お客様に対して清潔感などを持ってもらう必要はありますから
掃除をすることは大切かと思います。

ただし、適度に美観が保たれていれば、
アットホームで良いと言う評判を受けることもしばしばあるでしょう。

また、自宅で開業するわけですから、
ご近所様がお客様として来店してくれることもあると思います。

口コミから広告が広がっていくことも十分に考えられる為、
広告費用も安く済むことが期待できるのです。

ちなみに、これをバズ・マーケティングと言います。

もちろん、お店ですから分かりやすくする為にも、
ちょっとした袖看板程度は掲げておいた方がお客様の為になるでしょう。

しかし、デザインを考えなければこれは10万円程度で十分に作ることができる為、
費用面を考えると格安ということです。

また、広告チラシや名刺を配る必要はあると思います。
ただし、これも開業当初からデザインにこだわるのは大変かと思いますし、
自宅にプリンター、ワードやイラスト用のソフトなど、
ちょっとしたもので構わないでしょう。

わざわざデザイナーに頼んで印刷会社に発注しなくても良いのです。
ホームサロンということも手伝って、アットホームな感覚を与えることもできると思います。

店舗を構えて開業

一方、しっかりと店舗を構えて開店するのはリスクが付き物です。
それだけの信頼感を与えますし、
自宅と違う場所で営業するということは家庭に迷惑がかからないというメリットもあります。

ただし、開業費用が大きく発生してしまうことを念頭に入れておかなければなりません。

やはり、お店を出して内装まで力を入れるとするのであれば、
すぐに数百万円単位の費用が発生してしまいます。

既にネイリストとしてお客様が多数ついている方であれば
開業するに伴うリスクは大きく軽減されるでしょう。

しかし、未経験や経験が浅い状態で資格を勉強して開業したいと考えているのであれば、
まずはホームサロンという選択肢の方が確実でしょう。

続きを読む

ネイルサロン以外にも就職の道がある

ネイルサロン以外にも

ネイリストが活躍できる場所はネイルサロンだけではありません。
今や専門的なネイルアートは、
そのニーズの多様化に合わせていろいろなところで施術を受けられるようになってきています。

ネイルサロン以外で多いのは美容室やエステティックサロンでのネイルサービスです。

美容室の場合

美容室でのネイルサービスの利点はいくつかあります。
まずは、時間短縮が出来るということ。
これは美容室とネイルサロンで別々の店舗を訪れるとなると、
当然そこに行くまでの時間がそれぞれにかかってしまいますよね。

美容室でヘアカットなどに訪れた際にネイルサービスを受けることが出来れば、
店舗まで行く時間が短縮できます。

また、美容室でのネイルサービスならヘアスタイルとの
トータルコーディネートを実現しやすいという点も挙げられます。

ネイルサロンのみに訪れる場合には、
先に美容室に行ってヘアセットしておくか
詳細にトータルコーディネートのイメージを伝える必要がありますよね。

一度にイメージを伝えられる美容室でのネイルサービスは、
結婚式やパーティなど華やかな席に出席するためのおしゃれをするのにぴったりと言えるでしょう。

エステティックサロンの場合

ではエステティックサロンでのネイルサービスはどうでしょうか。
エステと言えば痩身を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、
お肌や体型をトータルで美しくしてくれるコースも多いのです。

エステティックサロンでの施術で女性としての美しさを磨いたなら、
爪先まで美しく飾りたいと思うのも女性心理として当たり前ですよね。

また、エステティックサロンにはリラクゼーションのコースもあります。
ネイルサービスにはハンドケアというものもあり、
手先をマッサージすることによってリラックス効果を促したりする効果もあります。

そして、心身ともにリラックスしたのちに爪の状態を整えてもらうのもいいかもしれませんね。

もちろんエステティックサロンでのネイルサービスも、
時間短縮できるという利点があります。

忙しい中美容のためにサロンに通う方には、
ひとつの店舗でいろいろなサービスが受けられるのは助かりますよね。

美容業界以外でも

そしてネイリストを必要としているのは美容業界だけではありません。

ブライダルの世界でもネイリストは活躍しています。
ウェディングドレスと共に晴れの日を彩る大切なネイルを作り上げることが出来る
ブライダル関連の就職先はネイリストの腕の見せ所でもあります。

ブライダルネイルに求められるセンスは、技術と共に高いものが求められます。
それ故に花嫁さんと作り上げたネイルは格別の充実感に溢れていることでしょう。

ウェディングという華やかな舞台の一部を担うことが出来るのも、
ネイルアートが一般に広がったことによりネイリストの活躍の場が増えたからと言えるでしょう。

この他にも、出張ネイルアートなどネイリストが働く場所は様々あります。
多種多様な場面で活躍できるので、
自分に合った就職先を見つけやすいのもネイリストのいいところですね。

続きを読む

体験談

難しい世界

皆さんはネイリストとして働くということに対してどのようなイメージを持っているでしょうか。

ネイリストの体験談をみてみると、
接客についてのヒアリングが多くあり、
接客を苦手と感じる人は苦労してしまうことが多いようです。

お客様相手にネイルアートやハンドケアなどの施術を施していくのがネイリストですから、
施術をする間にお客様とのコミュニケーションがとれるネイリスとの方がより向いているといえますよね。

逆に言うと、施術中にお客様とのコミュニケーションが上手くいかない人は、
ネイリストとしてリピーターをつけることが難しいので、
次につなげていくことが大変で苦労してしまうかもしれません。

人気のネイリストとして活躍していくためには、
ネイルアートの技術や知識だけではなく、
お客様の心を掴めるだけの人としての魅力も大切であると言えますね。

20代女性の体験談から見るネイリストの現状

ある20代女性の体験談をご紹介しましょう。
ネイリストの資格を取得したものの、
その後出産をして就職はしていなかったそうです。

しかし、ネイルアートは自宅で子育ての合間に息抜きとして、
様々なデザインを考えたりしていたそうです。

そして、最近ではご近所さんなどを中心に、ネイルアートを自宅で施しているそうです。

近いうちには本格的なサロンを自宅で開業する予定らしく、
忙しい毎日を送っているようです。

また、30代の女性の体験談では、一旦は子育てで仕事から離れたものの、
6年ほどに渡ってネイリストとして働いていたそうです。

雑誌などにも載る大きな規模のサロンで働いていたそうで、
いつもお客様がたくさんいらしたそうです。

サロンで働くネイリストは勤務時間がとにかく長いので、
主婦など働ける時間に限りがあったりする人は厳しいかもしれないとのことでした。

ご本人は、今は近所のサロンでパート勤務として働いているそうですが、
しばらく仕事を離れているうちにも、新しい技術がいろいろと生まれていて、
覚えるのも大変だそうです。

しかし、復帰してやはりネイリストとして働くことの楽しさを感じているそうですよ。

ネイリストとして働くには、ネイルが好きである事が条件

また、美容師になるため美容専門の学校へ入学して、
そこでネイルの授業を受けたことでネイルに興味を持ち、
ネイリストの資格を取得した人もいます。

その結果として、美容師免許とネイリストの資格の両方を持っているので、
スムーズに就職することが出来たそうです。

ネイリストとして仕事をしていくということは、
やはり根底にネイルが好きであることが欠かせません。

働き始めは、慣れないことや不安などもいろいろ出てきて大変なことも多いかもしれません。

しかし、体験談をみていると、
大変なことはあってもやっぱりネイリストとして働くことに楽しさを感じている人が多いことが分かります。
実際の体験から得られるものはとても大きく、
ネイリストにとっての良い経験になるでしょう。

続きを読む

求人状況

現在の求人状況

ネイルアートはトータルコーディネートの一部として、
おしゃれに気を遣う女性なら服や場に合わせて色々と変えますよね。

ネイルを施す頻度は人によって違いますが、
爪先までおしゃれに気を遣う人なら短いスパンでデザインを変える人もいます。

多くの人がファッションや身だしなみとしてネイルアートを施すようになったので、
ネイリストの活躍の場は格段に多くなりました。

この影響を受けて、年々ネイルサロンの数は増え続けています。
ニーズに合わせてネイルサロンの傾向も細分化してきたり、
ネイル業界はにぎわいの一途を見せています。

多くのネイルサロンでは新しいネイリストを歓迎しています。

技術を持ったネイリストは活躍の場が多い

確かな技術を持ち、新しい感性を培ったネイリストは顧客の希望を叶えるのにぴったりです。
ネイル自体の人気の高さから、
ネイリストの採用においては門戸が広いという利点があります。

また、確かな技術を身につけたネイリストは、
独立してホームサロンを開くなど将来的な展望も広がります。

ネイリストが活躍する場はネイルサロンだけではありません。

美容院やエステティックサロンでもネイルアートの施術を受けられるところは多くなってきています。
ファッションや美容の一環としてのネイルアートを施す際に、
美容院やエステティックサロンでネイルが出来るのは楽ですよね。

トータルでのおしゃれや美容のバランスを考えながら施術を受けることも出来る場合が多く、
こちらもネイルアートをする女性には人気要素の一つです。

美容院でのネイルは、結婚式などお呼ばれのパーティスタイルに合わせて、
ヘアアレンジとネイルコーデをトータルで施術してもらったり、
普段のおしゃれでも髪型を変えるついでにネイルアートも
新しくしようと思った時に同じ店舗で対応できるのが利点です。

エステティックサロンでのネイルアートは、
美容的観点から美しくなった自分へのご褒美にネイルアートを施したりといった具合に、
トータルでの全身の美しさを求めることも出来ます。

美容院とエステティックサロンのどちらの場合も、
ネイルアート専門のサロンと同じように、
爪先まで美しくありたいと思う願いをかなえる場になっています。

また、ブライダルサロンでのネイリストの仕事も増えてきています。
結婚式という華々しい舞台により一層の美しさで臨みたいと考える女性はとても多いです。

ネイルアートが一般的になるにつれ、
ブライダルネイルというジャンルも成長を遂げてきました。

上品なネイルアートは晴れの日にふさわしく、
花嫁の美しさをより一層際立たせます。

ブライダルはここ数年でドレスの傾向など大きな変化がありました。

画一的な結婚式からオリジナル色の強いブライダルへ移行すると共に、
ウェディングドレスも個性的なものを選ぶ人が増えています。

個性を尊重した美しさを演出するためにブライダルネイルも
一役買っていると言えるのではないでしょうか。

これら、様々な職場については更に詳しく「ネイルサロン以外にも就職の道がある」にまとめましたので、ご覧ください。

学歴は関係ありませんが、資格はあった方が有利です

このようにいろいろな場で活躍することのできるネイリストの求人ですが、
学歴は関係ありません。国家資格も必要ありませんが、
民間資格を取得している方が就職には有利です。

ネイリストの求人は、その活躍の場に比例して増え続けています。

自分に合ったサロンを見つけることも出来るのではないでしょうか。

【求人状況】メニュー

ネイルサロン以外にも就職の道がある
面接に行こう

続きを読む