ネイルサロン用語

用語

ネイルを愛している人たちは、
この程度のネイル専門用語を知っておいてください。

ネイルの専門用語を知らないでもネイルは楽しむことが出来るかもしれません。

基礎はある程度理解しなければ先へ進むことが出来ないのです。
先へ進めば進むほどちんぷんかんぷんになって、
ネイル自体全然楽しくないと感じてしまうことになるかもしれません。

アクリルスカルプチュア

アクリルスカルプチュアとは爪の長さや強度を出すためのスカルプチュアの一種で、
アクリルパウダーにアクリルリキッドを混ぜて人工的に作る爪のことを言います。

強度があるのがメリットです。
長さを強調したいときに、アクリルスカルプチュアを使います。

ウェットケア・オーバル爪

ウェットケアとは、指をお湯につけて、
甘皮をふやかすような感じで爪をケアすることを言います。

ラウンドより丸みがあってカーブしている爪の形をオーバル爪という言い方をします。

いろいろなサロン用語

更に簡単にですが様々なネイル用語を紹介します。
カラージェルは、色がついているジェルのことであり、ジェルネイルに使用します。
スクエアオフ爪とはスクエアの角を落とした爪の形です。

カラーリングとはネイルカラーをすること、
つまりごく基本的な地の爪にマニキュアを塗ることをさします。

カラーチップは、チップオーバーレイのときに使う、カラフルなハーフチップのことです。

チップオーバーレイとは、ハーフチップを爪の途中部分から装着し、
上からその継ぎ目をアクリルパウダー・ジェルなどで継ぎ足す方法です。

ジェルネイルとは、UVライトを当てて固めて作る爪のことです。
臭いがないのがメリットです。

チップオンとは、爪の途中よりチップを装着し、
段差をファイリングする簡単なつけ爪の方法です。

トップコートとは、塗った爪の上に更にネイルカラーを重ねることです。
カラーがはげるのを回避し、光沢を与えることが出来ます。

ネイルウォール・爪廓は、爪の周りの覆われた部分のことであり、
ネイルプレート・爪甲は、根元から先までの爪全体のことをさし、
ネイルベット・爪床は、根元の部分を言います。

ハードジェルとは、アクリルネイル同様に強く固くありながらも、
装着した感じが軽い、粘度性が高いのが魅力です。

爪の長さや形、厚さの形成をスムーズに行うことが出来ます。

ファイルとは、爪の長さや形を整えるヤスリのことであり、
ファイリングはファイルで爪やチップを削って、長さを整えることです。

プッシャーとは、甘皮を押し上げる時に使用します。
フレンチネイルとは、爪先の部分だけをいろいろな色に変えるアートのことを言います。

更にトップコートとは、ネイルを塗った爪の上に重ね、
カラーがはげるのを防止、光沢を与える方法です。

本当にアトランダムに紹介しましたが、
まだまだ知らない用語はたくさんあります。

大変かもしれませんが覚えることで、
よりネイルアートが楽しいものと思うことが出来るはずです。