ネイリストに向いてる人とは

女性のたしなみ

女性は身だしなみを整えたり、
お洒落をしたりするだけでテンションが上がる生き物。

その典型が、指先なのです。
意外や意外、この指先をお洒落するだけで、
沈んでた気持ちも少し軽くなったり上向きになるものです。

指先をお洒落にするためにネイルサロンに通うというわけです。

ネイルサロンに通っていると、
ネイルにはまって、自分もやってみたいなーなんて思うことこも。

OLさんの転職としても多いのがネイリストというのことを
ご存知でしたか?これもまた意外なのが、
転職でネイリストになる方が多いのです。

ネイルにはどんな人が向いてるか

趣味と実益は違ってて、いざネイリストになろうと思っても、
どんな人が向いているのか?気になるところですね。

まず、ネイルが好きなこと。これ必須です。
ネイリストも日々勉強が必要で、
スキルを上げるには特訓や練習は欠かせません。

ネイルが好きでなければ、練習も続きませんし、
練習せずしてスキルの上達はありえません。

スキルがないとお客さんも付きませんからね
次に細かい作業が好き、得意な人です。
キャンバスは小さな爪の中。

手先が器用でないと、
こんな小さな場所のお手入れや絵を描いたり、
装飾したりなんてなかなかできません。

スキル以外にも

コミュニケーション能力だって必要です。
ネイルを施しているその数時間は、
目の前のお客さまと1対1になるわけです。

その間のコミュニケーションって大事で、
ココで相性があまりよくなかったり、
ネイルしている間お客さまが心地よくしてもらえないと、
リピーターとして来てもらえません。

ネイルサロンって、リピータが必要なのです。
何度も来てもらうことで利益を生むので、
定期的に通ってくれる人がいります。

そのためには、ネイリストとの相性って大事で、
ある程度のスキルを持った人はたくさんいますので、
それにプラスして、雰囲気づくりは鍵になります。

体力もいります

女性の職種、華やかさもありますが、
タフでなければ務まりません。

サロンは朝から晩まで、土日こそお客さんが多いので、
まとまった休みもとりにくい職場もあることでしょう。

日常の仕事に加えてスキルアップの勉強も必要なので、
タフでないといけませんよね。

体力も必要です、ネイルの仕事だけではなく、
サロンの掃除や片付けだってありますから、
時には力仕事だってあるのです。

独立もできる

特定のネイルサロンで働くことが主ですが、
自分のお店を持つこともできます。

開業する人も多く、その場合には、
経営やマーケティングなどある程度のお客を確するための仕事もしないと
いけませんので幅広い能力が必要になってきます。

経営の知識にもある程度知っておいた方がよくなりますね。