ネイル業界は成長を遂げている

成長

ファッションが個性化、多様化するにつれて、
細部までコーディネートにこだわる女性が増えてきました。

そのため、ネイルアートのように比喩でなく爪の先までおしゃれをすることが一般的になってきています。
そんな女性たちのニーズに答える形で、ネイル業界も年々発展し続けています。

ネイル業界の現状

参考:拡大基調続くネイル産業 「ネイル白書2012-13」より : 理美容ニュース
美容やエステティックなどの美容産業は縮小傾向にありますが、
ネイル業界は市場規模から店舗数までまだまだ増えていく見込みのようです。

ネイルアートが一般に受け入れられ出した数年前と比べると、
最近は伸びが小さくなってはいますが、
ネイルを楽しむ女性たちのニーズはより具体的になり、
技術の発展も含め今後とも需要は拡大していきそうです。

ネイルサロン他、ネイルアートの施術を受けられる店舗は増加を続けており、
長持ちするジェルネイルの台頭をきっかけに、
より一層ネイルアートへの消費者の関心は高まったと言えるでしょう。

また、ネイルサロンでの施術以外にも、
自宅などで自分自身でネイルアートをしている人や、
自宅で親しい人にネイルアートの施術を行う人も多く、
ネイル業界全体としてもネイル人口の増加が挙げられるようです。

ネイルアートが一般的に広まり、セルフネイルを楽しむ人が増えたことにより、
ネイルサロンなど店舗での施術を受ける人は減少傾向にあると言われていますが、
ネイルサービスを日常的に利用している消費者は確実に増え続けています。

関連製品の市場も活発化

ネイルアートに関する製品は市場でも多くの種類が見られ、
様々な店舗で購入することが可能です。

ネイルサロンやネイルサービスを行う店舗以外にも
、ドラッグストアや雑貨店などで抗することも出来るネイル関連商品。

ネイル製品市場は、ネイルサービス市場に比べて減少傾向にありますが、
安価で便利なネイル関連商品が増えたことも原因の一つかもしれません。

本格的なネイルアートを楽しむ人が増えた結果、
製品市場よりもサービス市場の方が伸びがいいと言われています。

もちろん自宅でネイルアートを楽しむ人の中にも本格的な技術を持った人も多く、
好みや生活環境によりネイルアートはより細分化されていくだろうとみられています。
ネイルアートの施術を受けられるサロンは米国では日本の2倍ほどの店舗数があり、
これに追随して発展を続ける日本のネイル業界には今後の発展が見込まれています。

しかし、ネイルアートが消費者に浸透した結果、
市場の競争激化によりサービス価格の低下という事態も起きています。
これによる売り上げの減収傾向が、数字としてのネイル業界の伸びの少なさの原因であり、
価格低下に伴うサービスの質の低下が起こらないようにすることも課題の一つです。

それを踏まえても依然として拡大期等の続くネイルアート産業には、
更なる成長が見込めると言われています。

【ネイル業界は成長を遂げている】メニュー

フレンチネイル
グラデーションネイル
ピーコックネイル