技術以外で身につけるべきこと

技術だけじゃ食べていけない

ネイリストに必要なのは技術や知識だけではありませんよね。

ネイリストは接客業です。施術をする際に、
技術ばかりに集中してお客様を無視してしまっては、
いくら出来上がったネイルが素晴らしくても相手に好印象を与えることはできません。

技術が確かなことは大前提ですが、
話術が巧みで施術中の時間が楽しいと感じればお客様はリピーターとなってくれることも多いのです。

もちろん、最初からすべてを完璧に進めることは難しいでしょう。

ネイリストの接客業としての側面について、更に詳しくはこちら「お客様の話をじっくり聞く力が必要(Allabout)」が参考になります。

お客様にとって心地よい接客をするポイントは

ネイリストとして経験の浅いうちは、
施術しながらの会話はぎこちなくなってしまう場合もあります。

作業は丁寧に心がけながら、
手元が疎かにならないような施術を目指しましょう。

技術が安定しているなら、
同じ時間を楽しく過ごせるネイリストに任せたいと考えるのは当たり前ですよね。

コミュニケーション能力は接客業においてとても大事な要素です。

人と話すことが楽しい、人を喜ばせたいという考えの人は、
ネイリストに向いていると言えるのではないでしょうか。

また、お客様の立場に立って考えることが出来るかがということも重要になってきます。

毎日ネイルアートの施術を行っていれば慣れも出てきます。

しかし、お客様の中には初めてサロンを訪れてネイルアートをする人も多くいます。

慣れた作業だからと簡単に考えず、
お客様の不安を取り除いて満足してもらえるだけの説明や技術を心がけていくことも大切ですね。

それらはコミュニケーション能力とは別に、
接客業における気配りとしてお客様の立場に立って考え行動することで、
自然と身についていきます。

ファッションの流行を押さえる事が大切

ネイリストに必要なものは他にもあります。

ネイルアートには、
ファッションにおける流行のデザインやカラーが大きく反映されます。

お客様は自分の希望を具体的にイメージできている人もいれば、
ネイリストに提案をしてもらい人もいます。

お客様の持つイメージをより具体的にデザインにする能力、
トレンドのカラーを取り入れたネイルアートなどを提案できるように、
ファッションの流行についても情報を欠かさないように気を付けましょう。

ネイルアートを楽しむ女性はおしゃれにも強い興味を持つ人が多くいます。

流行に敏感な女性のお客様にはネイリストのデザインセンスを気に入って通ってくださる人も多いので、
ファッションや美容、アートへの造詣は深い方がいいでしょう。

ネイルアートは限られた小さな面積にデザインを施しますから、
美的感覚を養っておくこともネイリストにとって大切なことだと言えますね。

ネイリストとして活躍するためには、
技術や資格だけでなくいろいろな要素が必要であることを覚えておきましょう。

実際にネイリストとして働き始めた時、
これらのことを身につけておけば自分自身にもスムーズな成長が期待できます。

【技術以外で身につけるべきこと】メニュー

可愛いネイルアートを沢山見て参考にしよう
爪に対する考え方とネイリストの採用基準
カウンセリング力
コミュニケーション能力
トレンドを把握する
手先の器用さと忍耐力