爪の形を整える方法

爪の形を整えるのは難しい

爪のケアを行っている方、またネイルに興味がある方は、爪が美しい人を見ると羨ましいな・・と感じます。
爪というのは、人から見て美しいと感じる長さがあり、それ以上長くなると不潔に感じますし、キレイと思う長さを維持するという事がネイルケアの基本です。

一番きれいに見える爪の長さは、爪全体の1/3、1/4程度、爪の先端が出ているという状態です。
爪先、皮膚から出ている部分が2mmから3mm位というのが最も美しく見える爪の形といわれています。

この長さであれば上品に見えて不潔なイメージがありませんし、日常生活に支障をきたすこともなく、美しい爪を長く維持するという事もできる長さとなるのです。
まずはこの長さを意識して、爪のケアを行っていくことが見た目に美しい爪作りとなります。

爪の形・強度は様々

人によって爪の形も様々で、丸くてかわいい爪もありますし、すっと長さがあり尖っている女性らしい爪もあります。
爪の形によってその人の持つイメージも変わってきますので、爪というのは非常に大切な部分です。

プロの方にケアしてもらうときれいに仕上がりますが、自分でファイリングするという場合、最初はラウンド、スクエアオフなどの形が作りやすいです。
爪の強度がなく長く伸ばすことが出来ないという方も、短くして格好がつく形なので、この爪の形ができるようになっていると何かと便利です。

ラウンドとオーバル・ポイント

ナチュラルで自然な形のラウンドは誰にでも似合う爪の形として人気があります。
爪が短くてもこのストレートなラインは美しく見せてくれますので安心ですし、爪が平たい人、爪の大きさが小さい人がこの形にすると上品なイメージになります。

ラウンドの爪先端の左右を削り更に丸みを持たせたものがオーバルです。
強度的には弱くなりますが、爪が美しく見えるのでこの形は特に人気があります。
指を長く見せる効果があるのですが、爪が弱い方は折れやすいので維持するのが難しいかもしれません。

ラウンドよりもさらに爪の先端、左右を削った形がポイントです。
先端に向かって細くなっていくため、強度が弱く自爪で行うのは難がありますが、女性らしい美しいラインが人気です。
ジェルネイル、スカルプチュアなどで補強して利用すると強度を保つことができます。

スクエアとスクエアオフ

スクエアはこの言葉のとおり、爪の先端、左右を削らずに四角く作ります。
強度がある爪となりますが、爪の先端に丸みがないので洋服やストッキングなどを引掛けやすく、日常生活には不向きともいえます。
プロネイリストが競技などで作品を作る時にはこのスクエアがよく利用されています。

スクエアの爪の先端、左右を少し削った形がスクエアオフです。
角を削っているのでスクエアよりも引っかかりにくく、スクエアにしたいけれど日常生活に支障がないようにしたいという方に向いています。
最も衝撃に強い形といわれているため、自爪を長くする方には最高の形です。