爪を早く伸ばす方法

爪について

爪って割れたり深爪し過ぎたりして、
もっと早くのばしたい時ってあるものです。

そして、ネイルしている時は、
出来るだけ現状維持を考えたりするものではないでしょうか。

でも、爪ってそんなに自由が効くものではないと思っている人たちがほとんどではないでしょうか。
だけど、こんな方法で、爪をのばすことをちょっとだけ成功する事も出来るんです。

そもそも爪って、なんのために存在しているのか

そもそも、おしゃれのためにネイルが存在している訳ではありませんし、
一体爪の役割は何かということをみなさんも一度程度考えたことがあるのではないでしょうか。

指の先には、骨というものがありません。
だから、爪が、しっかり力を支えてくれていたりもします。

そして、私達は爪によってつまむという細かい作業をすることが出来るようになったのです。

爪は、野性の名残と考えることも出来て武器なのかもしれませんが、
現代社会において爪で敵を襲う必要など、
夫婦の内輪もめ以外考えることは出来ません。

爪ってどの程度の速度でのびるものなのか

健康的な人たちは、一日に約0.1mmずつ爪がのびると言われています。
手の爪なら約半年で、まるまる違う爪が作られるという感じです。

実際には、夏の爪の方が、冬よりものびが早いとも言われています。
爪は一体何で出来ているのでしょうか。

爪は固いから骨と考える人たちもいるようですが、
爪は皮膚の一部と考えるのが妥当です。

カルシウムではなくタンパク質と考えるべきです。
いつまでも健康な爪を保つためには、
ビタミンやミネラルを摂ることも大事と言われています。

爪を育ててくれる食べ物

つまり、爪をしっかり成長させてくれる食べ物を一生懸命食べることで
成長を期待することが出来ます。

つまりタンパク質の多い食べ物を一杯食べることです。

魚類や肉類、卵、大豆や製品を是非、意識して爪のために食べるようにしてください。
動物性タンパク質も植物性タンパク質も両方爪にとって必要です。
バランス良く摂取するようにしてください。

ミネラル・カルシウムは乳製品、豆腐、大豆などに含まれて、爪の成長を助けてくれます。
マグネシウムは、豆腐、豆乳などです。

鉄は、レバー、まぐろ、ひじきなどです。
亜鉛は、卵やカボチャ、かきなどに含まれています。

ビタミンの摂取

そして、爪の成長のために積極的に摂取していただきたいものが、ビタミンです。
ビタミンAをレバー、うなぎなどより、
ビタミンB2をにんじん、ほうれん草などより摂取しましょう。

ビタミンCはレモン、キウイなどに豊富に含まれています。
ビタミンB6はごま、納豆などです。
積極的に日々の食事に取り入れるようにしてください。

キューティクルオイルも活用

更に爪を育成を促してくれるものの中にキューティクルオイルなどがあります。

爪や指の乾燥による荒れにも効果がありますので、
冬などの空気が乾燥する季節には特に効果的です。

爪によい食事などと合わせて使用することで、
より美しい爪に近づくことができるでしょう。
寝る前などにはオイルをも見込みながら指をよくマッサージしてください。