ネイリストになるための勉強法

ネイリストとは

憧れのネイリスト。
通っているうちに、
自分もネイルの世界へ入りたくなって、転職を考えたり。

実は、ネイリストへの転職って結構多いのです。
ネイルサロンに通っている人は想像しやす職種ですが、
ネイリストって一体何をするのでしょう?

まずは、爪のお手入れですね。甘皮の処理や角質の除去、保湿など。
次に、爪にマニキュアを塗ったり、付け爪やスカルプなどを施し長さを出したり。

お客さまの要望に沿って答える、技術の集大成を発揮するところですね。
特に重要なのは、ネイルを施す部分ですが、
その他にも、予約の確認をしたり、お茶を出したり、
サロンの掃除をしたり、色々業務をこなします。

ネイリストになるためには

ネイルはセルフでもできます。実際、サロンに通わず、
自宅で自分でマニキュアを塗っている人も多いですね。

自分でできる人からすると、
サロンのネイリストは簡単そうにも思えるのですが、
プロとして働くにはそれ相応の資格やスキルが必要です。

その資格が、ネイリスト検定です。
一般的な資格同様に、3級から1級とレベル分けされています。

3級が最初のステップになりますが、サロンで働くには、
2級ないしは1級の資格を要するところが多いため、
最低でもこの資格を取らないことにはネイリストへの転職は厳しです。

ネイリスト検定

取っ掛かりとしてネイリスト検定3級を取得しましょう。
ネイルケアやネイルアートなど、ネイルに関するスキルや知識の試験になります。

3級なので比較的取得しやすく、これなら独学でもなんとかなる範囲です。
しかし、2級、1級となるとレベルがグンと上がり、
2級では、リペア、チップ&ラップなどの技術習得が求められますし、
1級はさらに上位なので、独学では厳しいです。

独学かスクールか

ネイリスト検定3級は独学で可能です。
ただこの資格は素人向けなので、
プロになろうという人はこれで留まるわけにはいきません。
2級、1級の資格が必要です。

そうなると、筆記試験に加えて実技の難易度が高くなりますので、独学は厳しくなります。
スクールで学んで、
自分の実技のスキルを客観的に見てもらってフィードバックをもらいながら習得していく方が早いし確実です。

また、スクールに通うことで、プ
ロの先生や同じ志の同期などから刺激を受けることができるので、
スキル向上にもしやすく、世界が広がります。

実技には、丁寧さ、デザイン性、スピードなど多角的な視点が必要です、
それら全てを独学でマスターはできません。

スキルは、日々の努力の積み重ねです。
いくら手先が器用だからと言っても、
練習なしで1発勝負なんてことはありません。

何度も練習して失敗を重ねて得るものがたくさんあります。
センスの良い人、腕の良い人は努力をしているものです。