2種類のネイル検定

ネイルに関連する資格

ネイルにも資格試験があり、
爪やネイルの知識を問う筆記試験とネイルの業を検定する実技があり、
この両方で基準に達することで資格を取得することができます。

ネイリストとしてサロンで働く条件に今から紹介する資格の保持を必要とするところが多いので、
プロを目指す人は資格の取得を推奨します。

1つめは、INAネイルスペシャリスト技能検定試験です。
2つめは、JNAネイル技能検定試験です。
この両方の試験は、NPO法人が主催となります。

INAネイルスペシャリスト技能検定試験

この資格は初心者を対象としたものと、
プロを対象としたものの2種類に分けられています。

どちらも選択は可能ですが、プロを目指すには、
やぱり最終的にはプロフェッショナルまで取得することをおすすめしたいです。

筆記試験は、計50個の問題が出されます。
1問2点の配点で80点が合格ラインと定められています。

これに併せて学科試験があります。

この試験の目的は、ネイルや美容の施術を行うにあたり必要な消毒衛生に関わることや、
爪や皮膚の構造や仕組み、それに関するの病気を理解することです。
学科試験では、技術テクニックがと会われます。

JNAネイル技能検定試験

この試験もレベルにより分かれており、
1級から3級まであります。
最初のステップは3級となり、
ネイルケアやネイルアートに関する知識が問われます。

このレベルは比較的取得しやすく、素人がまずは受ける試験です。
2級になると、ネイルサロン店長クラスは必要です。

サロンの運用に関することが加わり、
ネイルの技術であるケア、リペア、チップなどの知識が問われることになります。

1級になると、トップレベルのネイリストが取得するレベルで、
総合的な問題が多く頻出されます。

いずれの試験も受験料が必要で、
いずれも1万円前後の費用をが要ります。

筆記、実技と分けて行われ、
一方だけ不合格だった場合免除などもありますので、試験概要を確認してください。

資格の有無

美容師のように、必ずしも有資格でないといけないことはないのですが、
サロンで働く場合には、
やはり技量を図るには資格の所持が有効ですのでどうしても判断材料になります。

また独立してもこ、顧客は資格の有無で判断する傾向にあります。
安心や信頼を得るにはやはりある程度の資格は必要です。

資格マニアになって、
資格だけ取得してしまえばいいという問題でもなく
最低限の知識を得ていますよという証明だと考えてください。

資格を取得してもそれがゴールではありません、
日々成長するには常に勉強をする姿勢は大事です。

ネイルの技術は、資格試験の勉強より大変で、
1にも2にも練習と学びの心が大事です。プロのネイリストを目指して。

続きを読む

ネイリストになるための勉強法

ネイリストとは

憧れのネイリスト。
通っているうちに、
自分もネイルの世界へ入りたくなって、転職を考えたり。

実は、ネイリストへの転職って結構多いのです。
ネイルサロンに通っている人は想像しやす職種ですが、
ネイリストって一体何をするのでしょう?

まずは、爪のお手入れですね。甘皮の処理や角質の除去、保湿など。
次に、爪にマニキュアを塗ったり、付け爪やスカルプなどを施し長さを出したり。

お客さまの要望に沿って答える、技術の集大成を発揮するところですね。
特に重要なのは、ネイルを施す部分ですが、
その他にも、予約の確認をしたり、お茶を出したり、
サロンの掃除をしたり、色々業務をこなします。

ネイリストになるためには

ネイルはセルフでもできます。実際、サロンに通わず、
自宅で自分でマニキュアを塗っている人も多いですね。

自分でできる人からすると、
サロンのネイリストは簡単そうにも思えるのですが、
プロとして働くにはそれ相応の資格やスキルが必要です。

その資格が、ネイリスト検定です。
一般的な資格同様に、3級から1級とレベル分けされています。

3級が最初のステップになりますが、サロンで働くには、
2級ないしは1級の資格を要するところが多いため、
最低でもこの資格を取らないことにはネイリストへの転職は厳しです。

ネイリスト検定

取っ掛かりとしてネイリスト検定3級を取得しましょう。
ネイルケアやネイルアートなど、ネイルに関するスキルや知識の試験になります。

3級なので比較的取得しやすく、これなら独学でもなんとかなる範囲です。
しかし、2級、1級となるとレベルがグンと上がり、
2級では、リペア、チップ&ラップなどの技術習得が求められますし、
1級はさらに上位なので、独学では厳しいです。

独学かスクールか

ネイリスト検定3級は独学で可能です。
ただこの資格は素人向けなので、
プロになろうという人はこれで留まるわけにはいきません。
2級、1級の資格が必要です。

そうなると、筆記試験に加えて実技の難易度が高くなりますので、独学は厳しくなります。
スクールで学んで、
自分の実技のスキルを客観的に見てもらってフィードバックをもらいながら習得していく方が早いし確実です。

また、スクールに通うことで、プ
ロの先生や同じ志の同期などから刺激を受けることができるので、
スキル向上にもしやすく、世界が広がります。

実技には、丁寧さ、デザイン性、スピードなど多角的な視点が必要です、
それら全てを独学でマスターはできません。

スキルは、日々の努力の積み重ねです。
いくら手先が器用だからと言っても、
練習なしで1発勝負なんてことはありません。

何度も練習して失敗を重ねて得るものがたくさんあります。
センスの良い人、腕の良い人は努力をしているものです。

続きを読む

ネイリストになったら持っておきたい小物類

小物類

これからネイリストとして働くのであれば、
自分の道具は必ず用意しておきたいもの。

また、ネイリストとして働いている人も、
道具は非常に大切です。

やはり、芸術家であり職人でもあるという
性質のネイリストに求められるものとして、
ネイリストに求められる道具が挙げられるのではないでしょうか。

特に、ネイリストは女性にとって憧れの職業。

「可愛らしいネイルアートをやってくれる人は、
きっと見た目や持っている道具も可愛いだろう」
という印象を持つことが多々あると思いますが、
それだけに道具にはこだわっておきたいものです。

ネイリストさん必見!かわいいネイル用雑貨

キューティクルニッパー

例えば、ネイリストであればキューティクルニッパーを
収めておくニッパーキャップ選びが重要です。

まず、キューティクルニッパーについて簡単にご説明しましょう。

ネイリストとして働いている方や勉強を進めている方はご存知かと思いますが、
甘皮処理において欠かすことのできないニッパーです。

これ自体は基本的に機能性が問われるという面もあるため、
なかなかデザイン性に優れたものと言うのは持ちにくく、
同時に使いにくいのではないかと思います。

自分の手に馴染む、
持った感触が心地よいキューティクルニッパーを
選ぶようにすれば間違いは無いかと思います。

ニッパーキャップを選ぶ時の条件はいくつもありますが、
まず機能面を考えるのであれば刃先を
保護できるような素材に物を選ぶようにしましょう。

例えば、本革などの丈夫な素材で作られているニッパーキャップもありますから、
こういったものを使用すると良いでしょう。

その上で、デザイン性が重要になってきます。

店頭で購入するのも良いと思いますが、最近はネットショップと言う選択肢も。
近場で最適なものが売っていないだろうと感じたら、
インターネットで購入するのもオススメです。

ツィザーキャップ

次にツィザーキャップ。
そもそも、ツィザ―自体は極論、
通常のピンセットでも良いのですが、
職業としてネイルアートを行うのであれば、
ネイルアート専用のものがありますので、こちらを使用しましょう。

ラインストーンやネイルシールなどを使ってデザインしていく時、
使いやすいものを選ぶと大変便利です。

そして、ツィザーキャップも簡素なもので構わないのですが、
ネイリストとしてオシャレさを演出する為には、
やはり「ただツィザーを入れる道具」という領域からは離れていくべきだと言えます。

こちらも、様々なところで購入できるので、
自分の気に入るものをこだわって探してみると良いでしょう。

続きを読む